少ないのは楽しい

少ないのは楽しい

ほんの小さなミニマリストのライフスタイル

MENU

電子書籍VS紙の本 ミニマリストの選択

ミニマリストなら気になる、電子書籍と紙の本、どっちがいいの??

電子書籍と紙の本それぞれのメリット・デメリット、そして私がどんな本をどんなかたちで購入しているかご紹介します。

 

 

1.電子書籍VS紙の本 バランスよく利用したい

 

f:id:tadpoles958:20210803205024j:plain

 

本をデータ化しスマホなどの端末上で読むことができる「電子書籍」は現在急成長中、ミニマリストたちもその恩恵に預かっていることでしょう。

ここで問題になるのが、電子書籍VS紙の本という構図、

電子と紙、どちらがいいの???

 

結論から言うと、どっちも必要どっちも素晴らしい! 

 

「本」といっても種類や使う状況は様々、

個人的には電子書籍と紙の本を適材適所、バランスよく利用してます。

 

 

それでは最初に電子と紙のいいとこ・わるいとこをそれぞれご紹介します。

 

 

2.電子書籍のメリット・デメリット

 

f:id:tadpoles958:20210803204815j:plain

 

使って感じる電子書籍のいいとこ・わるいとこ

 

2-1.電子書籍のメリット

 

f:id:tadpoles958:20210805202416j:plain

・保管場所を取らない

これはもう説明いらないですね、端末のみですっきり!

 

タブレットスマホ、リーダー1台で簡単に持ち歩ける

端末一台で沢山の本を持ち歩ける、もちろんスマホでもOK。

個人的には電子書籍専用のリーダーとタブレットをお勧めします。

 

・お値段がすこしやさしい場合も

紙より少し安くなっているものも、セールなんか紙より多いのかな?

 

・辞書機能、検索機能や翻訳機能なんかもある

こんな便利な機能もついてます、こんなとこはデジタルならではだなーと思います。

 

 ・購入が簡単

配送の待ち時間や店舗に行く必要もないから便利です。

 

・洋書が買いやすい

紙の本だと国内に在庫が無い場合は海の向こうからの取り寄せが必要に、でも電子書籍でならそんな不便もありません。

 

 

2-2.電子書籍のデメリット

 

・権利がなくなれば読めなくなる

ここ大事なとこ。電子書籍を購入するということは、書籍そのものを買えたわけではなく、閲覧する権利を購入したにすぎないということ。

それを提供する業者が撤退した場合、本が読めなくなったりも、、、、

この問題は第4章で少し深堀してます。

 

・勉強するには紙の方が向いているかも

紙の活字のほうが頭に残りやすいし、理解もしやすいなんて傾向も....

 

・目が疲れやすい

特にスマホで読む場合はそうかもしれません、でも電子書籍専用のリーダーだと軽減されます。

 

 

3.紙の本のメリット・デメリット

 

f:id:tadpoles958:20210803205230j:plain

 

紙の本のいいとこ・わるいとこ

 

3-1.紙の本のメリット

 

・完全に自分のもの

本自体が紛失・破損でもしない限り完全に自分の財産です。

誰かに貸せるし、売ったりあげたりもできる!

 

・書き込みが気軽、自由度が高い

文字だけでなく他にもいろいろ書き込むよ、紙上では完全に自由!

 

 ・パラパラ読める

いったりきたりやパラパラ読みがしやすい。

私も状況や内容によっては、ページ順ではなく必要な情報から拾って、あとから全体像を取得する読み方をしてます、そんなときは紙が便利。

 

・どのくらい読んだのかわかりやすい

今自分がどの位の位置にいるのか、紙の本だと一目瞭然です。

これ意外と重要じゃないですか?

 

 

  3-2.紙の本のデメリット

 

・場所を取る

壮大?な本棚や保管スペースが必要になるかもしれないっ!

負担に思うか自慢に思うかは人それぞれだ。

 

f:id:tadpoles958:20210803205519j:plain

 

・一冊一冊持ち運ぶのが重いし大変

いつかを思い出すよな・・

 

・劣化しやすい

破れたりなんかこぼしたり、あと、この湿度の高い日本で黄ばみ、目に見えないカビなども発生するする....

ちなみに子供のころ、母所有の源氏物語シリーズなんて読もうものなら、くしゃみがとまりませんでした・・・

 

 

4.電子書籍が不安で夜も寝れない人に.....

 

 

f:id:tadpoles958:20210804221524j:plain

 

 

電子書籍についての大きな不安は、上に挙げたようにサービスの終了です。

せっかくお金を出してたくさん電子書籍を購入しても、そのうち読めなくなったりしたら....と躊躇しますよね。

 

結論から言うと、なにかしらの救済措置は用意されているそうです。

 

実際、過去にあったサービス終了にともなう補償の例をご紹介します。

 

 ・本よみうり堂(読売新聞系)

アプリがいきていれば閲覧可能。

 

・エルパカBOOK(ローソン系)

購入分をポイントで返す。

 

・ヤマダイーブック(ヤマダ電機系)

普通に終了するよ! なんもしないよwww→炎上→ポイントで補填またはサービス引継ぎ先で閲覧可に変更。

 

あと救済としてありがちな例を下に挙げました。

 

・返金

・データがある端末やアプリがあればそのまま見れる(その端末が壊れれば見れなくなる)

・ポイントで補填

・新サービスやどこか別のサービスに引継ぎ(要は別のところで閲覧可)

 

自分も一抹の不安は覚えるけれど、とりあえず普通に利用してます。

いつかの終了のリスクも頭に入れ、電子書籍で持っても良いもの、持つべきもの、バランスよく取捨選択していきたい。

 

あと、もし終了するとして、「なんもしない」とか言い出したら、利用者皆で燃やして抗議でもして、撤回させようじゃないか!

 

 

5.電子書籍で済ませがちな本

 

一人のミニマリストの実例、こんな本はこんな形で所有しているよ、という見本。

参考になるかはわからないけど、暇つぶしにでも見ていただければ。

Amazonのリンクですが画像お借りしてるのみです。

 

5-1.小説

 

 基本的に小説・文芸書は電子書籍派です。

どこでも気軽に読めるし、正直あまり現物として場所を取りたくないのが本音・・

今ではほとんど電子書籍でしか購入していません。

 

近頃こんなの買いました:

古典の範囲?かもしれない、学生時代に買って放置して、最近また買って読破!

 

とある名家の穏当ではない家訓「炎と血」、

ダークなドラマ GOTのスピンオフ  「ターガリエン家の歴史書」です。

原書の方がクソ安いよ。

 

5-2.コミック

 

 私はほとんど読まないんですが、これはもう完全に電子書籍でいいんではと思います。

 

 買ってはいないけれど..:

映画 カイジ・シリーズなかなか面白いです、さすがにコミックは未読だけれど。

3作目、アマプラでようやく見たけど利根川いないとなんだか物足りないよね....

賭博堕天録 カイジ 24億脱出編 11

賭博堕天録 カイジ 24億脱出編 11

Amazon

 

5-3.実用書、ルポ、軽め・自分の範囲外の専門書

 

この種類の本も電子書籍で済ませることが多いです。

 

あと、専門書は自分の専門外のこと、あと通常の興味外の内容の本もなるべく幅広く読むようにはしてます。

 

自分の世界や知識が硬直しないように、

知るべきは自分が知らなかったこと、いままで目にとめてなかった世界や事柄!

 

近頃こんなの買いました:

Google検索データが暴く人々の本音と真実....これ面白いよ!!

 

元側近によるトランプ政権回顧録

いかに彼が大統領たる器ではなかったか、あと日本政府の話もでてきます。

邦題は「トランプ大統領との453日」だそうで、、、

むしろ、よく453日も継続できたな、自分だったら45時間も怪しいな!

 

5-4.一部専門書など

 

タブレットとかで見れてます。

 

5-5.子供のころ読んだ懐かしの本

 

子供のころ読んで印象に残ったもの、またよみたいなーと思い立って突然に電子書籍で気軽に購入したり。タップ一つで買えるもんね。

 

近頃こんなの買いました:

前半は神がかり的に面白いんですけどね、純粋な国捕り物で最後まで行ってほしかった、結末に向けスケールが小さくしぼんでいきます...(ね、ネタバレ???)

 

5-6.辞書系の書籍

 

これは電子が多いかなー

 

 

6.こんな本は紙で所有してます

 

まだまだ紙の本もたくさん買うし、持っています!

 

6-1.ヴィジュアル重視の本

 

カラーや全体像で楽しむ部分の多い本は紙で購入してます。

 

買ってはいないけれど:

この手稿がいずれとある底辺ミニマリスト・ブロガーの手に委ねられ、その全貌は解読されることとなるでしょう(!)

 

6-2.勉強するための本

 

やはりどちらかというと紙がいいですね。

 

6-3.電子書籍化されてない本

 

ままあります。

これはしようがないですね、小説とかの場合はなんだか残念感が漂いますが・・

 

近頃こんなの買いました:

ちなみに作品がマイナーな古典?エリアに入ってくると、解説・解釈がネット漁っても見つからず、消化不良気味になりがちです。

なんでそうなったの?  その結末の意味は...?? と、、、、、 

 

6-4.雑誌

 

さすがに電子書籍じゃつまらないので現物で購入しています。

たまーに旅行雑誌や、自分の好きなものが特集されてる男性誌なんかを買ったりもしてますが。

むしろそれくらいかな??

 

買ってはいないけれど..:

私も猫になりたい。

 

6-5.ずっと持っておきたい本

 

自分の世界が揺さぶられた、圧倒的されるような知識と事実、自分の人生に影響を与えた、そんな本たちはずっと形で持っておきたいですよね。

 

これは以前からずっと持っている本の一つ:

10代のころ図書館の片隅で偶然見つけた本作、人生観・感性・物事の捉え方にも影響を与えたかもしれない運命の一冊。

アイルランドの小人症の男性の人生についての物語です。

その姿により彼は永遠に"美しい・正しい"ということから切り離されてしまうのか..?

 

 

最後に

去年から書こうと思っていた記事です。

とにかく目次が長い長い笑、でも見た目ほどの厚さはないと思います。

現実はいろんな場面で紙、電子とバランスよく利用してます。でも総合的には手持ちのものは紙の方が多いですが。

電子書籍専用のリーダーは目が疲れにくいのでお勧めです! amazon kindleなんかはプライムデーで大幅に安くなると思う。

 

 

本の整理について

tadpoles958.hatenablog.jp