少ないのは楽しい

少ないのは楽しい

ほんの小さなミニマリストのライフスタイル

MENU

買わないチャレンジ2021 途中経過 10月 

 2021 私の買わないチャレンンジの途中経過になります。

それでは10月分をご報告させていただきます!

 

 

1.買わずに頑張る4領域

 

・ワードローブ

購入:0

 

 ・コスメ

購入:0

 

 

 ・コラボ

購入:0

 

 Amazonバイス

購入:0

 

 

 

2.考えてる事、選挙で思ったことなど,,,,,

 

前回、前々回の記事で固定の読者さまが激減したかもしれない、このブログですが。

とりあえず今回も政治の話を....

 

 

選挙で有権者にどのようにアピールしているのか?

 

 

アメリカを見てみましょう、

 

前々回の大統領選でドナルド・トランプが当選した一つの要因は、

 

「自分は打ち捨てられる労働者の味方だ」

「グローバリストたちから偉大なアメリカを取り戻す」

 

という宣伝を熱心に行い、

 一定数の有権者がそれを信じたから、ということです。

 

要は(ある部分の)弱者の味方に俺はなる!」とは言っていたんですね。

 

 

 

一方、日本の与党と一部政党なんてどうなのか、

 

甘い口説き文句すら国民にたれることがない、

口車に乗せようともしない、

 

最初から、

「え、君らのことなんか知らないよwww」

なんて態度ではないですか.....

 

かなり余裕のあるふてぶてしい態度ですよね。

 

どんなに無責任でも、どんなに失政しても、

結局は自分たちが当選してしまうから。

 

(政治に興味もないし、投票にすらいかない人が多いからね)

 

 

あと、今回の結果を見てつくづく感じたこと、、

 

人をドボンと水に突き落として水死体にしてから、それに「水かけるよ!」と謳ってるような政党によう入れるな....

 

 

これ

与党(+連立先)、維新の会(NEW!)のことだけどね!

 

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

このたった数千円が払えない、、、と涙ぐみながら訴える人もいるし、

いま自分は苦しいんだ!と苦痛を含んだ表情で言う人もいる、

それは対する側も正直につらい・・・・

 

けれど、

 

「可哀そうな人達を助けてあげないと~」

 

なんて自分が高みに上ったかのように、上から"ただ同情している"つまりはまったくないです。

 

陰謀論でもなんでもなく「第4次産業革命」はまもなく訪れる。

現在は安定した生活を送れてる人でも、それをいつまで続けられるのかはわからないとも思う。

 

 

内閣府も言っているから、ほら

www5.cao.go.jp

 

 

何が言いたいかというと、

 

人間は誰でも社会の中で「弱者」になりえる、

 

そう、

 

困ったときはお互い様なのです。

 

もし自分が困った時、

誰かに助けてほしい、差別もしないでほしい、立ち上がれるまで待ってほしいし、社会に居場所も残しておいてほしいと思う、切実に、、、、、

もちろん最後に立ち上がるのは自分自身、自分が一番頑張らなきゃいけないのだけれど。

 

 

で、お互い助け合うことは凄くシンプルで原始的なこと、それで国がつくられて、人の命も紡いでこれたんです。

私達の顔も知らないご先祖さんたちも、ずーっとこうして生きてきた、

だから自分も生まれてこれた。

 

 

ナウマンゾウを誰かが一緒に狩ってくれたのかもしれない、

飢饉のときにこっそりおいもを分けてくれた人がいたのかもしれない、

空襲の時に逃げるのを誰かが手伝ってくれたのかもしれない、

 

もし自分が今、仕事があり給料をもらえているのも、

至らなさをカバーしてくれる人がいたから、

失敗をゆるしてもらえ、成長するチャンスを与えてもらったからです。

 

 

他の誰かが助けてくれたから、2021年の今、自分がこうしていられるんだと思っています。

 

 

 

数日前に見たつらいニュース、、、

15%も...なんか悲しい通り越して、くやしいんです。

www.asahi.com

 

 

 

”今困っている誰か”を助けられていないと感じるなら、

「自分が困った時」に助けを求めたいなら、

 

何かすべきだと思う。

 

 

その一つが、

政治に関心をもつこと、変えようとすること。

 

 

上で名指しした党のする政治が"私たち普通の人達"の生活を助けられる、守れるなんて毛頭思っていません。

 

 

また、助ける・守るだけでなく、

 

30年のあいだ経済成長もさせられない、

企業も世界で戦えなくなってきている、

科学技術力も如実に低下、

 

日本の国際的な地位もだだ下がっていってますから。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回はとりあえずこれで締めます!

 

 

まあ、参院選の時も何か言う予定だから(このブログで)

 

 

 

簡単な質問に答えるだけで自分と合ってる政党を選んでくれます

気軽にやってみてください!

japanchoice.jp

 

 

 

 

「仕事とかないなら、生活保護になればいいんじゃない??」

 

このガースーの発言を何百年後にも伝え、語り継いでいきましょう。

いろんな場面や言葉遊びにも使えるように、、、、燦然と輝くこの一言、

そうまるでヴェルサイユに咲くバラのように....!

 

mainichi.jp

※もちろん生活保護受給者への差別心やその意図はありません。

こういう政府の姿勢が問題だと言いたいんです。

 

 

 

最後に

小選挙区は「野党統一候補」に、比例では「れいわ新選組」に、根拠と、誇りと、情熱をもってそれぞれ一票を投じました。

私の「JAPAN CHOICE診断」も今回名前を出したすべての政党に対する考えを反映したものが表示されてました。

選挙はハラハラしてましたが一応の結果が出て良かった。

タブーにも切り込んでいってほしい、思う存分に国会で暴れていただきたいと思っています。

 

あと、もちろん自分の考えが絶対に正しいとし、他者にそれを押し付けようとしているつもりはありません。

政治思想は個々で異なっており、それはそれぞれ尊重されるべきだとも考えてはいます。

 

永世中立ブログを自分の中では決めていたんですが、今回すさまじく政治色をだしていきました。

冒頭でも書いたんですが、さすがに固定だった読者さんのなかには、

「正直ひいた・・・なんかしつこいし、消費税がどうとか怪しいし、もう読まない・・・」

なんて人もいるんではないかなとも思っています。

 

まあ「こういう思想の、こういう考えの、こういう姿勢の」人間が記事を書いてこのブログをつくり上げています。

もう不快に思ったならしようがないです。特にそれをフォローするつもりもありません。

 

最後に、

自分と同じ(似たような)考えの方が読んでくださってるならもちろんうれしいし、

 

もしこれを読んで、

「この国このままでいいのかな・・・」

「そうか選挙には行くべきだ」

「政治に関心を持つことで何かを変えていけるかもしれない」

とでも思ってくださった方がいれば本当に幸いです(たった一人でも、ほんの少しでも)

 

偉そうに「教えてあげてる!」と言ってるわけではありません、私自身もまったく興味のなかった時がもちろんありましたから。

 

誰かに届くか、届かないか、

祈るような気持ちで3回連続で記事を書かせていただきました。

 

 

今後の予定とか=

選挙とかとは全く関係がないんですが、しばらく記事のペースを落とします。

実は11月後半に、とあるところへとある目的のために向かうので、そのレポが次回の記事になると思います。あくまで報告なので、自分で考える部分は少ないから、できたら11月中には間に合わせたいです。

本当の意味での平常運転は次の次の記事からですね、

 

 

特筆すべき買い物です☆

選挙の帰りに買って家で食しました。

わたしはごくたまに、無性に、体に悪いものが食べたくなります!

 

f:id:tadpoles958:20211111211007j:plain