少ないのは楽しい

少ないのは楽しい

ほんの小さなミニマリストのライフスタイル

MENU

【SPF30まで】普段使いのやさしい日焼け止め3選

今回は、2021年最初に購入した日焼け止めたちをご紹介する企画。

肌への負担を少なくするため、普段はやさしめの日焼け止めを採用してます。

 

 🐇お読みいただく前に🐇

 

 紫外線防止剤の種類2つ

 ・紫外線吸収剤

f:id:tadpoles958:20210426201213p:plain

紫外線を吸収し化学反応により熱エネルギー等に変えて防ぐ

 

・紫外線散乱剤

f:id:tadpoles958:20210426201235p:plain

肌表面で盾のようになり、紫外線を反射、散乱させて防ぐ

 

紫外線の種類とか

UVB=エネルギーが強くシミや皮膚がんの原因にも 

UVA=肌の奥 (真皮)まで入り込み、シワ、たるみの原因にも

 

 

 ※文中、SPFを代表として記載しPAは省略します

 

f:id:tadpoles958:20210506201410j:plain

 

それでは3本レビューしていきます! すべてSPFは30以下、最後に頼れる高SPFの製品他の太陽光線についても少しご紹介します

 

1.ビオレ マイルドケアミルク

 f:id:tadpoles958:20210422132218j:plain

 

SPF30 PA++

成分:紫外線吸収剤・散乱剤併用

白浮き:なし

下地効果:あり

容量:120ml

価格:600円台

 

たっぷり入っていて、お値段も600円台コスパ抜群。

昨年に使ったものを今年もリピ買いしました!

 

体用に買ってますが、もちろん顔にも使います。

 

化粧下地にも」と推奨の文句がパッケージに入っていてうれしい、ファンデーションの下にも塗れますね。

化粧下地そのものは持たないようにしているので、日焼け止めが代わりになれれば便利です!

 

・使用感

f:id:tadpoles958:20210427125450j:plain

 

「 軽いミルク」という感じで、するすると塗れます。けっこう重ねても、白浮きと言える白さはなし。

使用感は、重くない、においなし、とほぼほぼ言うことはないと思います。

 

*今年始めか昨年末で生産終了してしまいました!店頭に在庫あるもので終わりみたいです...

見渡せばSPF50あるものばかりだし、あまり需要がないのかな?

 

2.ユースキンS UVミルク 

 

「あれ、しろちゃん? なんでそんな処にいるの??  (;´Д`) 」(親戚の家にいたうさぎ)

 

f:id:tadpoles958:20210420165251j:plain 

SPF25 PA++

成分:紫外線散乱剤

白浮き:なし

化粧下地効果:

容量:40g

価格:700~800円台

 

 もうこれに決めた理由は単純に、、かわいい、かわいい....かわいい!

と、 見事に外見(そとみ)に押し切られたということです。

 

 

紫外線吸収剤は不使用、散乱剤は酸化チタンが入っています。

SPFは30に届かない数値なので、肌に負担をかけたくない時とか、状況なども見て使用していきたいです。

でも数値の低さは自分にとってむしろ魅力的でしたが...!

 

・使用感

f:id:tadpoles958:20210422132246j:plain

 

使用感はクリーム、厚めに塗っても肌の上ではサラサラな触感に近づきます。

(ベタベタするという口コミも見かけたんですが、自分はそこまで感じませんでした...人によるのかな?)

 

紫外線散乱剤使用ですが、白浮きはあまり感じない。

香料も入っていないし、総合的にとても使いやすい日焼け止めだと感じました。

 

きっと兎違いでしたね....しろちゃんはお星さまになっています   ( ́。_。 ) 

 

3.REN Clean Skincare

 

f:id:tadpoles958:20210420165316j:plain

 

SPF30 PA+++ 

成分:紫外線散乱剤(非ナノサイズ)

白浮き:ままあり?(個人的には許容範囲)

化粧下地効果:

容量:50ml

価格:3000~4000円台

私は海外通販サイトで割引を使って送料込みで3000円台前半でした

 

高品質でクリーンな製品を提供するイギリスのスキンケアブランド

REN Clean Skincare」の日焼け止めを購入してみました。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

REN Clean Skincare(@renskincare)がシェアした投稿

 

大きな特徴は、紫外線散乱剤がナノ粒子ではないこと。

 

なかには入っている散乱剤がものすごーく小さくなり、

 ナノ化された製品も発売されてます。というか昨今ナノな製品の方が多いです

 

「散乱剤をナノ化すれば白浮きしにくい」等のメリットはあるんですが。

 

けれど、あまりにも小さすぎて体内に吸収されるかも、などの懸念もあります。

 

現状、私はナノ化したものを厳密に避けているわけではありません(最初に紹介した品は絶対入ってるはず、だって○王だし)

 

でも数ある中から、あえて非ナノ散乱剤を使用している製品を選ぶのも、使用者にとっての一つの選択であり、意味のあることだと考えています。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

REN Clean Skincare(@renskincare)がシェアした投稿

 

またRENはなかなか信条のあるブランドのようです。

低刺激の製品にこだわる、クルエルティフリー(動物実験しない)、容器にリサイクルプラスチックを使用し廃棄物問題に取り組む、などなど。

 

 今まで買っていた日焼け止めのなかでは高価なものだけど、

「REN」というブランドの心意気をサポートするためにもお金を払うイメージです!

 

 使用感

・やわらかめのクリーム

・クリームは完全に白ではない、うっすら若干?ベージュが入ってるようにもみえる..

・伸びは良い

・白浮きはままあるけど、個人的には許容範囲。

逆に散乱剤非ナノ使用でこの程度の白さなら、とくに問題にならないのでは。

さすがに高いだけあるな....と、、

 

※RENの日焼け止めは別記事で特集する予定なので、ここではさらっと触れる程度にしておきました!

 

4.SPF50以上のかなり焼けないダークヒーロー?たち

 

(人数合わせの)BBQに参加、アザーンが響く白い壁と砂の灼熱の(でも美しい)土地を訪れる...

普段は穏やか日焼け止め使用でも、激しい紫外線との闘いでは、「彼ら」の力を借りなくてはいけない時もやってくる...

 

良い機会なのでSPF50以上の頼れる日焼け止めを2本紹介します!

 

 メンソレータム サンプレイ

外で長く過ごす・スポーツをするなんて時は、このメンソレータムの日焼け止め(SPF50)を臨時で購入しています。

お値段もお店で300円台くらい、サイズも小さめなので持て余しません。

 

日焼け止めのにおいはけっこうしますが ....

 

・キャンサーカウンシルの日焼け止め

 

 

地理的に皮膚がんの発生が多いオーストラリアで生まれた日焼け止め。

発売元の「キャンサーカウンシル」は癌の予防を目的とした活動や啓蒙を行う団体です。

 

特に紫外線の強い地域を訪れたりする時に活躍します。

その際は、SPFトップクラスでウォータープルーフの製品を選択。

一番強いものだと、塗った時のテカリが強くて、肌への刺激もそれなりにある。

あくまでも「期間限定の必要悪」として使用します。

 

でも、かなり焼けないのは本当のはなし。

 

紫外線強国を訪れた際、これを使って過ごしていました(塗り直しは多)

帰国後、職場復帰した私を見て同僚が一言、

 「ほんとに行ったの? 全然焼けてないけど」←まあ本人は冗談のつもりです!

 

強力な日焼け止め、

ゴールドのアネッサとかも良いみたいですが、こちらもぜひおススメの一品です!

(1本13ドルくらいかな??)

 

強いものだとある程度以上の刺激はあるのでそこは注意..

 

5.新たな脅威? ブルーライト・近赤外線

 

紫外線以外の太陽光にも体にダメージを当たえるものがあると明らかになってきています。

取りざたされてる2つについて少し言及します。

 

ブルーライト

可視光線の一つでエネルギーが強い、真皮まで到達する。

デジタル機器からも (少しだけど)出ています  (これ書いてる瞬間も浴びてます♡)

・近赤外線

太陽光の約50%を占める (紫外線は10%くらい)

波長がかなり長く、真皮また皮下組織にも到達する。

 

これらに対応する製品も出ているみたいなんですが、現状、個人的には特段使用はしていません。

今後、基準ができてくるのかもしれないですが。

 

研究もされているので、状況を注視していきたいです。

 

ブルーライトもカットするそうです

www.instagram.com

 

近赤外線もブロックするそう、ビオレだから普通に買えますね

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

BioreUV(@bioreuv_jp)がシェアした  

 

 

 

最後に

今回、過去最高額の買い物をしました、

「日焼け止めはプチプラ使います(その分一回の量たっぷり)」なんて過去記事で何回か宣言してしまっていて、今回どうしよう...という感じ。

基本プチプラでもいいんですけどね。

嘘ついたわけじゃないけど、方向性の転換とか、過去との矛盾がでてくるのはしようがないものかもしれませんね。

いやでもプチプラも使い続けます。

今年から日焼け止めのストックはやめました、その都度補填します!

 

 

関連ありそな記事とか

tadpoles958.hatenablog.jp

 

tadpoles958.hatenablog.jp