少ないのは楽しい

少ないのは楽しい

ほんの小さなミニマリストのライフスタイル

MENU

友達が少ないのは楽しい 3つの理由【友達少ないミニマリスト】

 友達は何人いるのが普通なのかな? 自分自身では友達が少ないと感じてます。連絡先はけっこう登録されているけど、迷わず「友達」と言えるのは5人以下です。

世間では、友達が多い=いい人・楽しい、友達が少ない(いない)=本人に問題?・さみしい・つまらない、というイメージがまだまだ強いかと思います(基本的に世界中で!)

苦難も多いが、それなりに楽しいことのある人生を送ってきている、と自分では断言できる。

「友達が少ないのは楽しい!」ブログタイトルに掛けて、友達が少なくても楽しめる理由を紹介します。

 

 

 1.友達が少ないのは本人に問題があるから?

 

疑問:友達がいない(少ない)人はその人が嫌な人だから?

 

私の恩人でもあり尊敬している一回り以上年上の先輩がいます。

今は友人同士ですが、私と出会う前、彼女には友達がいなかったんです。

 

当時一人もいなかったらしい、

証拠に?なんとlineをインストールしていなかった(!)※人生でずっと友達がいなかったわけではなく前はいたそうです。

 

先輩は「孤高の人」でした。

静かで控えめな人でしたが、その内には意志の強さと、弱者に対する思いやりを秘めていました。

たとえプライベートで友達がいなくても、多くの人が彼女に助けられ、またその姿勢や人間性を認めていたんです。

※性格・人間性が悪くてもいつも誰かといる人も見ました。そういうタイプは一人でいれない、とにかく周りを利用したい人でした。

 

 

 2.友達が少ない(いない)のは意外と楽しい理由3つ

 

いいことあります!本当に

 

2-1.自由になれる・行動的になれる

 

一人で色んなことができる、どこにでも行ける、これってすごい長所だと思いませんか!?

 

人の目が気になって一人では食事に行けない、なんていう人もいるそうですね。

 

一人で何かする場合、他の人の都合や好みを気にしなくてよいので、行動の幅が広がります。 

 

私は旅することが好きですが、プライベートでの旅行の半分は一人旅。

ツアー旅行は使わない、一から自分で計画をたてて実行しています。

日常から離れた場所で、自由に色々なものを見て、自分自身との対話を楽しみます。

 

他人のプレッシャーや影響がないなかで、思う存分楽しんだり、好きなことができる。

一人で何かができるということは、私の人生で大きな喜びに繋がっています。

 

思い立ったら一人でどこかに出かけたり、何かをしてみる。

なんだ、自分はこんなこともできたんだ!と新らしい可能性に気付けるかもしれません。

 

 

f:id:tadpoles958:20200829133700j:plain

 

おまけ

前に同じく友達少ない系の同僚と、一人でどこまで行けるか!?をテーマに語りあったことがあります。

その結果をここで発表、初公開?です。

 

あり

・映画(行けない理由がわからぬ)・国内外旅行(特殊な地域以外)・飲食店(二人以上が基本のところ以外)・カラオケ (これ経験ある人いますか?) ・ライブ(過去に経験あり)・海(一人で波乗りに行く知り合いがいます)・私は経験ないけど一人ディズニー・USJは普通にいるらしい、年パス持ってる人も多いとか

なし

現時点で、焼肉・富士急はなしと結論出しました。

 

 

2-2.トラブル・悩みが減るかもしれない

 

友達の数と人間関係の悩みは比例するかもしれません。

 

例えば、

喧嘩、裏切り、意見・価値観が合わない、自分だけ彼氏(彼女)がいない、異性をめぐって、相手・周りが自分より仕事も上手くいっている、、、

 

友達間で起こりうる悩みはこんなにもあります。

 

かの清少納言も著作の中で、「仲の良い友人同士で最後まで仲良しなんてことは滅多にない!」と千年前に言い切っていました。

 

基本的に、人の悩みを突き詰めれば、人間関係があることをベースにしたものがほとんどではないでしょうか? 

私は何か悩んだとき「今、世界に人類が私だけだったらこれで悩む?」と考えてもみます。

 

学生時代を経て大人になった今、一人でいることを選択するのはより簡単になっていると思います。

あえて群れに入らず、俯瞰した目を持ちながら社会の中で生きる、これも一つの賢く前向きな人のあり方。

 

 

これは孤独? いいえ心配ありません、自分が必要な時に人と関わることもできるのですから!

 

2-3.時間を自由に使える

 

人間関係充実させないと!と頑張っていた時期、予定に振り回され消耗してしまった経験があります。

 

予定表を見てもプライベートに使える日は埋まってしまっている。

飲み会、買い物、BBQ、イベントなどなど、新しいlineの登録は増える、

でも自分の時間は確実になくなっていく、、、

 

もちろん誘ってもらえるのはありがたいけど、これがほんとに自分のしたいことなのかな!? 自問自答しました。

 

今は気心知れた人たちと会って、あとの時間は好きなことをする、勉強する、運動する、自分との対話をして癒される、など、色々な人と会ってた時より充実してきていると感じます。

 

 

人と付き合う機会を見直せば、限りある時間をより自分のために使え、本当にしたいこと・必要なことにフォーカスすることができます。

 

 

f:id:tadpoles958:20200829133631j:plain

 

3.でも友達もやっぱり必要!?

 

たとえ友達がまったくいなくてもそれで自分自身が満足しているなら問題ないと思います。

でも、友達が欲しい、もう少し友達が増えたらいいなと思っている場合も多いんではないでしょうか?

 

今までおひとり様のメリットを挙げてきましたが、

反対に人と関わることで得られることも確実にあります。

 

・違う価値観に影響を受ける

・楽しいことを共有できる

・関係を通じて人間的に成長できる   等々、、、

 

私の場合なんですが、社会にでてから新しく誰かと仲良くなる場合、なぜか自分と似た人と自然に仲良くなることが多いです。

 

私はこれを「心を同じくする人」と呼んでいます。

 

もし「この人と仲良くなりたい」「もっと話をしてみたい」なんて感じた場合、相手もそう思っている可能性も大きいのかなと。

理屈だけではない、本能で見分ける、いや見つけることもあるんではないでしょうか?

 

そんな時は少しの勇気をもって自分からアプローチしてみてください。あなたがシャイなら、きっと相手もシャイ!

 lineおしえて、今度ご飯行きませんか?とか、

 

たとえその人に断られたからって次がある、人生は終わりませんから!

 

 

f:id:tadpoles958:20200829133555j:plain

 

 

最後に

類は友を呼ぶ。「自分は友達が少ない!」と常々言っている友達がいます、「結婚式するなら出席する人が少なくていい海外挙式」と断言しています。

友達の多い少ないにきちんとした基準はありません。友達の数が多くても少なくても、はたまたいなくても、自分が気持ちよく生活できていることが一番なんでは、と思います。

人をものに例えるわけではないけど、これも一種のミニマリズムなのかもしれません。

 

最近長すぎたんで、この文字数でも少なく感じます、、、