少ないのは楽しい

少ないのは楽しい

ほんの小さなミニマリストのライフスタイル

MENU

本の断捨離  悩めるミニマリスト編

古今東西ミニマリストさんたちが悩むのが「」の扱いではないでしょうか?

持ってる数も多くなりがち、

また、生活用品・雑貨・洋服とは違う「知的財産」です。

正直、今までの断捨離の中で本が一番難しかった。

本の形も変わってきている。

電子書籍に思うこと、残した本・手放した本、本の断捨離の方法、去年悩みながら遂行した本の断捨離の体験を紹介します。

 

 

f:id:tadpoles958:20200820200032j:plain

 

冒頭でお伝えした通り、断捨離で一番難しかったのが本でした。

それなりに本の虫です。

今の部屋は断捨離が済んでむしろ殺風景なんですが、デスク、ベッド横のサイドテーブルには本が積み重なってます。(たまに?雪崩が起きます)

 

本は自分にとっては生活必需品、正直どの本も大切なもの。

 

去年、所持品の断捨離をしたんですが、自分にほかのもののように本を手放すのはムリでした。例えば普段用バッグは8割くらい減らせたけど、

結果的に手放せた本は3割くらいです。

 

1.だったら電子書籍ってどうなの?

 

f:id:tadpoles958:20210805202416j:plain

 

全部これで出来たらミニマリストとしては理想的ですよね、場所を取って所有することなく、電子媒体で端末上にて管理。

もちろん使ったりもしているんですが、今のところ?は紙が優勢です。

 

電子書籍と紙の本については別記事でまとめてみました!

 

2.本の断捨離の基準

残す本・手放す本にはある程度の基準を設定しました。

こんまりメソッドも利用したよ。

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

 

2-1.これは残したよ

 

今使ってる本、ある程度読み返す本(何年前に買ったとしても)

これは説明いらないですね!

 

・希少な本

手放したら最後、高いとか、珍しいとかで、また手に入れるのが難しい本です。

 

強く影響を与えた本

何年読んでいなくとも手放しません。スパークジョイします!!

 

地球の歩き方

最新情報や正確な情報はネットが一番、でも紙媒体もそれなりに必要です。ある程度古くなったら手放します。電子書籍がでてるらしいので今後はそれで、、

 

炎と氷の歌シリーズ

去年の今頃放り投げようかと思った.....

 

2-2.こんなの手放しました

 

何年も読んでない本

さすがにもう読まない可能性大。手を当ててもスパークジョイしないもの

 

一部を除いて読まない本

その壱ページとか、そのフレーズだけ、要はその一部だけが必要な本。

下にどんな方法で断捨離したか書きました。

 

ありふれた本

ベストセラーで売れまくった本とか、物語なら誰でも知ってる作家さんの本。

下にどんな考え方で断捨離したか書きました。

 

旅行雑誌

一度の旅行でボロボロにしてしまいます。

内容も薄めの傾向があるため、ほとんど手放しました。もうあんまり買わないかな。

  

 

3.本の断捨離色々

少し工夫した断捨離を紹介します。

 

気に入ったページのみスキャンして断捨離

必要なページのみスキャンしてデータとして保管。

本そのものは断捨離しました。

あとは見たいときにデータで簡単に見れる、これは便利。

 

Canon スキャナー フラットベッド カラー CANOSCAN LIDE 400

Canon スキャナー フラットベッド カラー CANOSCAN LIDE 400

  • 発売日: 2018/09/06
  • メディア: Personal Computers
 

 

 ・ ありふれた本の断捨離

ベストセラーの本は案外断捨離しやすいです。

また読みたくなった場合、手に入れるのが簡単だからです。

 

人から借りれる(売れた本だから誰かしら持ってる)、図書館においてある、最悪Amazonとかでもう一度購入ができる。

 

このように、発行部数が多ければもってる人も多い、いろんなところで見つかる、ですかね。

 

※写真はイメージです

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

  • 作者:村上 春樹
  • 発売日: 2017/02/24
  • メディア: 単行本
  

 

お鍋置いた

何回か雑誌でしました。

 

実家に置いてきた

これって断捨離と言えるんでしょうか?あまり感心する方法ではありません。

 

 

4.本に第二の人生を

 私は所持品の中でも「本」というものに思い入れがあります。

大切なことをおしえてくれる、誰かの体験・人生をシェアできる、自分では考えつかない知識を伝えてくれる。

所有するものの中で本は常に特別な位置をしめています。

せっかくの本をこのまま捨ててしまうのはもったいない、また誰かに読んでもらえるならそうしたい!

そこで、本の第二の人生を模索しました。

 

寄付した

福祉系の団体で本の寄付をさせていただけるところがあります。

寄付した本を販売し、それが運営資金の一部になるようです。私も価値がありそうな本を選んで寄付しました。

私は知人経由で寄付しましたが、ネットとかでも探せるので、興味のある方はぜひ探してみてください。

 

 

さっそく 探してみたら見つかりました。

tngbooks.jp

 

www.39book.jp

 

知人にあげる

友達とか知り合いにあげました、必要としている本だと喜ばれます。身近な人にも声をかけてみるのもよいものです。

 

売る

残りはまとめてBOOK OFFに持ち込みました。金額は、、まあ、それでフラペチーノはくらいは飲めます。

でも、また誰かに読んでもらえる可能性があることに意味があります!

 

 

最後に

「断捨離」をすることによって、自分には何が必要で、何が必要ないのか、ということを再意識しました。

持ってるものの数に関係なく気持ちよく生活ができている、これが一番大切なのかも。