少ないのは楽しい

少ないのは楽しい

ほんの小さなミニマリストのライフスタイル

MENU

ナノ粒子・紫外線吸収剤の危険性とそれを使わない日焼け止め5選

今回は私の購入したREN Clean Skincareの日焼け止めのレビューと紫外線吸収剤・ナノ粒子に関する少しまじめなお話の回です。

それではいってみましょう!

 ※第一章に少し?刺激のある画像あり、心配な方は目次から二章にとんでください

 

 

1.REN Clean Skincareとは

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

REN Clean Skincare(@renskincare)がシェアした投稿

 

ロンドン生まれのスキンケアブランド、イギリスメイドのクリーンなプロダクトを提供してくれています。

 

コスメやスキンケアのブランドは数えきれないほどあるかもしれないけど、こだわりや独自のシステムを持った「気骨のあるブランド」だと思います。

 

 

・低刺激の製品

幅広い肌の人(敏感肌でも!)が安心して使える製品を追及している。

パラベンやシリコン、合成香料などは全体的に使用していないそうです。

 

・持続可能な生産

ボトルは海洋プラスティックから、チューブはリサイクルされたプラスティックから作ったりしてるそうです。

使い終わったRENの容器もリサイクルすることができます。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

REN Clean Skincare(@renskincare)がシェアした投稿

 

・動物福祉も重視

動物由来ものは使わない、また動物実験は行っていないそうです。

正面ウサギのPETA認証をいただいてるので本物だ。

 

 え、PETAて??

米国発の動物愛護 圧力 団体です。

違反してる(と判断した)人達にケチャップかけたり、小麦粉投げたり、卵投げたりします。

 

 これは、、ケチャップ..ですね

f:id:tadpoles958:20210626180856j:plain

 

 

予定じゃなかったけど少し驚いたんでシェア、NARS動物実験してたんかー

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

PETA(@peta)がシェアした投稿

 

 

やっと本題です!

 

2.Clean Screen Mineral SPF 30

 

この日焼け止めに関する いろいろ

 

2-1.軽く紹介します

 

f:id:tadpoles958:20210628191820j:plain

 

SPF30  PA+++

 

紫外線防御数値が高くないのと、ウォータープルーフでもないことから、日常の生活で使う製品ですね、公式でも「日常用に」となっています。

 

この製品の特長は、

 

ブルーライトも防ぐ

・紫外線吸収剤不使用

・ナノ粒子不使用

パッションフルーツエキスで対フリーラディカル

・質感はマット

・においは精油

 

 

Clean Screen Mineral SPF 30www.renskincare.com

 

 

酸化亜鉛」配合です。

f:id:tadpoles958:20210628191737j:plain

 

2-2.スウォッチ

 

今回、紫外線散乱剤を非ナノサイズで使用するRENと、ビオレ  マイルドケアミルク(紫外線吸収剤・散乱剤を併用)を比較してみたいと思います!

 

上:REN

下:ビオレ 

f:id:tadpoles958:20210626144736j:plain

 

そうなんです、RENはなんだかベージュ?色が薄っすらついている、真っ白ではないんですね。

RENはかたいテクスチャーです、ビオレの方はまさにミルク、柔らかく水っぽい。

 

でも伸ばしやすいのには驚きました(REN)! 思った以上にするする塗れます。

 

 

伸ばしてみたよ!

f:id:tadpoles958:20210626144805j:plain

 

 なんかここで見るとほとんど差がないんですが....

 

何回も使用している人間からすると、

実際はRENのほうが白くなります。

 

でも個人的に「全然許容できる白浮き」なんですよね、トーンUPの範疇というか、、

色も真っ白ではないしね。

 

2-3.まとめ

 

このユニークな日焼け止めに向いている人は、

 

・低刺激な日焼け止めが欲しい

・紫外線吸収剤は避けたい

・普段使いに肌に負担の少ないSPFPAが低めの製品が欲しい

・化粧品における動物福祉を考えている、 あとETAしか勝たん!

・ナノ粒子とか気になる.....

 ・多少の?白浮きは気にしないかわりにクリーンな製品が欲しい

 

こんなとこだと思います!

 

3.紫外線吸収剤・ナノ粒子は危険なのか?

 

f:id:tadpoles958:20210212122544j:plain

 

現在、日焼け止めに入っているもので体への影響が心配されている二つの材料について軽くまとめます。

 

・紫外線吸収剤

化学反応で紫外線を防ぐ、大手の日焼け止めにももちろん入っている

 ・紫外線散乱剤のナノ粒子(散乱剤を通常サイズより小さくしたもの)

紫外線を 散乱・反射させて防ぐ、散乱剤そのものは安全性が高いとされているが...

 

 

紫外線吸収剤が....

2019から2020年、アメリFDA (厚生労働省みたいなもん) より、日焼け止めの紫外線吸収剤が皮膚より吸収され血中に流れこんでいた、という臨床試験結果が発表されました。

 

基準値を超えるレベルの吸収剤が血中から見つかったのは事実、

ですがFDA自身、これによる影響をまだ結論付けてはいません。

 

レポートも読みましたが、あくまで状況は試験下なのと、通常の生活では塗らないくらいの量を数日かけて塗布していた。

 

本営の結論としては、今後、安全性についてさらなる検証が必要となることと、

今の段階で使うのやめなくていいよ(吸収剤入り日焼け止め)

紫外線散乱剤(酸化亜鉛・酸化チタン)はより安全性が高い

としています。

 

興味にある方いたら、下に報告(原文)載せときます。

 

発表詳細(英文)

Effect of Sunscreen Application Under Maximal Use Conditions on Plasma Concentration of Sunscreen Active Ingredients: A Randomized Clinical Trial | Cancer Screening, Prevention, Control | JAMA | JAMA Network

 

 

じゃあ、紫外線散乱剤ならFDAお墨付きで安全だね!・・・そうは簡単にはいかないかもしれないんです.....

 

 

散乱剤がナノ粒子化すると?

安全性が高いとされた紫外線散乱剤にも議論あり。

日焼け止めに含まれるナノ粒子化した紫外線散乱剤も体内に吸収されるかも(小さすぎて)、という懸念が取り沙汰されています。

「問題ない」とした発表もありますが、現状、「懸念がある・検証していく」という段階なのではないでしょうか 。

 

2020年、台湾の研究者が化粧品等に含まれるナノ粒子の人体への影響を調査した結果を発表しました。

日常で化粧品や日焼け止めなどにより多くのナノ粒子に曝されているとした人達に、そうではない人たちにくらべ、DNAの損傷があった形跡がより多く見つかったとの調査結果が得られました。 

 

ですが、こちこらもあくまで「ナノ粒子を含む化粧品の使用によるリスクは懸念される」「さらなる検証が必要」との範囲の結論に留まります。

 

詳細(英文)

IJERPH | Free Full-Text | Exposure to ZnO/TiO2 Nanoparticles Affects Health Outcomes in Cosmetics Salesclerks

 

ここで疑問、

吸収剤なんて大抵の日焼け止めに入ってるし、今日日、散乱剤とてかなりナノサイズでは?

結局どうすればいいの?? 

 

 

・リスクをどう見積もるか 

 

安全性が確立されたわけではない、でも必ずしも危険とも言い切れない.......

 

上の2つを見てどう思うか、私は「リスクは総合的に判断されるべき」と考えています。

 

日焼け止めの使用は皮膚がん・光老化など紫外線による健康被害を防ぐため、という大前提なのは崩せない、

また体にリスクとなる  (かもしれない含)化学物質は何もこれだけじゃない、身近に溢れている。

 

個人的には「リスクになる可能性がある」と認識したうえで、上手く付き合っていきたい。

 

日焼け止めそのものによる影響も心配なら、

 

・日傘やUVカット衣類を上手く使う

・強い・弱い日焼け止めを使い分ける

・できるなら紫外線の強い時間帯そのものを避ける

 

など、日焼け止めだけに頼らない、自分で工夫していけることはいくつもあるはずです!

 

 

4.紫外線吸収剤・ナノ粒子不使用の日焼け止め4選

 

最後に息抜きで、タイトル通りの日焼け止めを探してみました、

もちろん冒頭のRENもしっかり該当します!

 

4-1.Think

 iherbで気軽に買える日焼け止め!  紫外線吸収剤不使用、散乱剤も非ナノサイズです。

こういう系の製品はお値段張ることも多いですが、こちらは1200円以内と低価格で手に入るのもうれしい。

SPFも高く出てるのでレジャーにも使えそうですね。


jp.iherb.com

 

4-2.ETVOS

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

エトヴォス(@etvos.jp)がシェアした投稿

 

SPF35と普段使いには申し分ないです、

ETVOSでは全体的に製品にナノ粒子は使用していないそうで、こちらのUVセラムは吸収剤も不使用。

パラべンやアルコール、香料も入っていないそうです。

 

etvos.com

 

4-3.ニールズヤード

 

こちらも吸収剤・ナノフリーです、日本の気候なんかも考慮してつくられてるそう。

PAが高いですね!

 

www.nealsyard.co.jp

 

4-4.beplain

 

Kビューティの製品も見つかったよ!

吸収剤・ナノ粒フリー、それでいて紫外線防御効果も高い。吸収剤使用のバージョンもあり少し紛らわしいんですが、「ノンナノマイルド~」のほうが該当しますね。

 

www.qoo10.jp

 

 

最後に

RENがブルーライトうんぬん言ってるの見逃してました。

何とかなくなる前にレビューを...と頑張ったけど、これリピ予定ですっ....

あと動物福祉に関しては自分のできる範囲で、他者を傷つけることのないよう配慮して、最大限支持をしています。

最近いくつか頑張ったので、執筆を少しお休みしようかなと思います。

次回は平常運転ミニマリスト記事になる予定です!

 

 

 他のUV関連記事! 

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

Uniqlo and Mame Kurogouchi ワイヤレスブラとショーツのレビュー

今回はUniqlo and Mame Kurogouchiで購入したもののレビュー記事となります。

ワイヤレス・シームレスなインナー大好き民として早速ブラとショーツを買ってまいりました!

着心地は?サイズは?色は?そもそもこれ良かった? それではご紹介します!

 

 

1.Uniqlo and Mame Kurogouchiとは

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Uniqlo France(@uniqlo_fr)がシェアした投稿

 

肌に最も近い下着だからこそ、デザイン性と機能性を大切にした、女性が内側から輝くためのインナーウェアコレクション。
柔らかな身体の曲線を美しく魅せるデザイン。最新技術が生み出す抜群の機能性。
力強い大地の地層を思わせるカラーパレットは世界中の様々な女性のスキントーンに溶け合い、スタイリングの可能性を広げてくれる。

出典:Uniqlo and Mame Kurogouchi 2021年 春夏コレクション|UNIQLO

 

デザイナーの黒河内真衣子氏が手掛けるコレクション。

ラインナップはインナー中心だと思うんですが、ワンピース含む服なんかもでてます。

 

私の買ったもの!

f:id:tadpoles958:20210624120810j:plain

 

 特集記事を読んでみましたが、コンセプトは、

 

・快適さを重視

・でも着たときの美しさも追及する

・素材にこだわる

・(世界の) 多くの人の肌に合うようにカラーの表現にもこだわった

 

こんな感じだそうです。

 

上の3つには同意、でも「カラー」に関してはおもしろい出来事?がありました。

※カラー展開は4つくらいあります 

 

私は実店舗で購入したんですが、UNIQLO店内の強い蛍光灯の下で見るとベージュの製品はかなり黄色く見える、

いや私には黄土色に見えた....というか、この色ウコン!?

 

いろいろ言ってくる人人種はいるけど、個人的に自分の肌に色がついていることをコンプレックスに思わないどころか、むしろ好ましいと思っているんですが   (メラニンもできやすいしね!  事実:オゾン層の破壊は著しい)

 

「いや、この製品は黄色すぎない!? ホントに肌に合うのかな? カラー熟考したゆうてたやん!

と瞬間的に不安に陥る状況に、、、

 

正直、他で陳列されてた定番ブラのベージュの方が自然にみえたり.....

 

一瞬躊躇したけど何とかベージュの上下を買って帰りました、

 

で結果は、、、     全然大丈夫だった!

 

自宅の通常の照明、あと自然光の下ではしっかり自然なベージュに見える、

光沢もあるんですが、まじまじ見ると絶妙なカラーで、世界中の女性の肌に合うようにと試行錯誤した努力が垣間見えるなと思いました。

 

 

結果として全体的に良かったです、それでは購入品を2つ紹介していきます!

 

 

2.ワイヤレスブラ(プランジ)

 

女性の身体を美しく縁取りながら心地良く包み込むブラの実現に向けて、研究を重ねたユニクロのデザインチーム。

身につけた時に締め付けず、着崩れを起こさないブラはカップとバックのバランスが何より重要。

繊細な美しを表現するためにバックが細めにデザインされている今回のブラは、カップも通常より軽めに作られています。

出典:ものづくりのこだわり|Uniqlo and Mame Kurogouchi 2021年春夏コレクション|ユニクロ

 

 

f:id:tadpoles958:20210624120922j:plain

 

購入サイズ:M

通常サイズ:D70~E70

色:31ベージュ

 

これほんとに良いです。

軽い付け心地でストレスがない、上から服を着ても姿がきれいです。

深めのカットなので、胸元が開いた服でもブラが覗きにくい。

 

素材は光沢のあるナイロンとポリウレタン、付いてる部品もゴールドで高級感あり。

 

f:id:tadpoles958:20210624120848j:plain

 

肩ひもとホックは細めなので食い込んだりするのを心配したんですが、それは杞憂でした。

 

下から支える感じなので多少の谷間効果はあります、(右の) 画像に近い感じにはなりますよ。

 

まさに快適さと胸の美しい形の両立!

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

ユニクロ公式(@uniqlo_jp)がシェアした投稿

 

公式サイトではつくりが小さめというレビューが散見してました、

たしかに今のサイズだとバストが少し余ってしまうんですが、これはワイヤー入りブラのようなとにかく肉を集めて成型する?タイプではないので、むしろこういうものかな、と思ってます。

 

バストを上げたい人、自然に着たい人、それぞれだと思うので、試着してから納得のいったサイズで買うのが一番かな、と思います。

 

 

3.エアリズム ウルトラシームレスショーツ

 

f:id:tadpoles958:20210624120906j:plain

 

購入サイズ:M

通常サイズ:M

色:31ベージュ

 

穿いた感じは体にピタッと沿うようになっていて、きれいです。

 

こちらも公式サイトで「小さい」とのレビューが多かった。

結果的にサイズはMで大丈夫でしたが、余裕?はあまりないので、通常よりワンサイズ上げてもいいかもしれません。

 

今まで穿いたシームレスは四角いボックスタイプが多かったけれど、こちらはカットが深くて新鮮なデザインです。

 

端は切りっぱなし(シームレスにありがちな)ではないです。

 

f:id:tadpoles958:20210624120935j:plain

 

全体はエアリズム素材なんですが、クロッチ部分はコットン!

これはうれしい。

 

f:id:tadpoles958:20210624120831j:plain

 

 

4.こんな人におすすめです!

 

私はブラとショーツを上下で買って大満足したんですが、一応こんな人に合うかも!というのを書き留めておきます。

 

・着ていて楽なインナーが好き  (圧迫なし、締め付けなし)

・管理が簡単なインナーが必要(繊細なレースなし、ワイヤーなし..)

・不自然に?カップを上げて見せるより、より自然なシルエットのブラを好む(でもこれはきれいに見えます!)

・ベーシックな色とデザインで上に着るものを選ばないインナーが欲しい

UNIQLOのデザイナーコラボは外せない!と期待を寄せている

 

こんな感じですかね、オンラインで見たらまだ在庫はありました!(ないのももちろん...)

 

 

最後に

本当は日焼け止めのレビューが先の予定だったんですが、こちらが6月発売だったので記事が前後してしまいました!(それだけ今回のものが良かった)

このシリーズには服なんかもあるのでお店で見ていて楽しかったです。すてきな製品だと思うので限定なのはさみしい気もする..

あと、このコレクションの生地の産地?について物議があったことを書いておきます。

ユニクロの製品て良い(のが多い)んだけど、human rightsの領域に関しては再考の余地ありですかね.... 

 

 

 

他の買ったものレビュー

 

tadpoles958.hatenablog.jp


 

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 

 

買わないチャレンジ2021 途中経過 5月

 2021 私の買わないチャレンンジの途中経過になります。

それでは5月分をご報告させていただきます!

 

 

1.買わずに頑張る4領域

 

・ワードローブ

購入:0

 

 ・コスメ

購入:0

 

 ・コラボ

購入:0

 

 Amazonバイス

購入:0

今月プライムデーだそうです

 

 

2.特筆すべき買い物は

 今月してないですね.....

もちろん必要なものは買ったりしてるんですが、特筆するような買い物はないかな~

買わない生活にも慣れてきました、こんな心穏やかな日々?が訪れるなんてね。

 

 

 

 

 4月分

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 3月分

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

2月分

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

1月分

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 概要

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 

【差別?】全然楽しくない海外生活のはなし【もちろん!】

 今回は「楽しくない海外生活の話」です。私は以前、それなりに長期?海外で生活していたことがあります。

今では「かなり大がかりな旅だったかも」なんて冗談で言ったりもしますが、、

どんな旅行?にも苦労やトラブルはつきものかもしれない、、、

海外生活で楽しくなかった思い、またその後見つけたことについても少し書いてみました。

 

 ※体験ベースの記事なので文中では海外=欧米国家の一つとなってます

f:id:tadpoles958:20210520235831j:plain

 

 

1.人種差別は普通にある

 

はい、これ普通にありました。

と言っても、いきなり「〇〇P!」とか暴言はかれるとかではなく、「無意識の人種差別(マイクロアグレッション)」が9割方でしたけど。 

 

マイクロアグレッションとは

意図的か否かにかかわらず、政治的文化的に疎外された集団に対する何気ない日常の中で行われる言動に現れる偏見や差別に基づく見下しや侮辱、否定的な態度のこと

出典:マイクロアグレッション - Wikipedia

 

近年流行りの、炎上して言い訳されてる「そんなつもりなかった」系差別ですね、下に例を一部挙げます。

 

・アジア人てみんな同じ顔だよね!と嬉しそうに言われる

・この人、アジア人あんまり好きじゃなんだろーなと感じる人々に出会う

・メディア、広告、エンタメ内とかでアジア人やその文化が茶化されてる

・授業中、東アジア地域の人間の特徴について、教師が微妙な言及をする(2020年代だったらその場で問題になってるんじゃない??)

・文化について理不尽なことを言われる

 

なんか悪びれてないので、もうナチュラルに見下してるのかな、と。

これ、見るからな悪人でなくて、普通の人がさらりとやるから悩ましい。

 

またグレーゾーンなんて存在しない、ガチの人種差別にもあったことがあります。

 

とある状況で、とあることを拒否されたときに言われた言葉、

 

「まっさらな白人のみだから!」

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

あとアジア系だと言葉がわからないと思って、笑顔でフレンドリーを装いながら、侮辱的なことを言われたこともあります。

 

実は自分が人種差別をされたということを親しい人間にあまり言えませんでした。

特に家族とは極端に「差別の話題」を避けていました。

向こうの話も聞きたくないし、何よりも私の話をしたくない、、、

 

それは、

他の人間も一緒に否定されたことになるから

 

例えば、私が人種で否定されれば、もちろん同じアジア人種である私の家族も同じく否定されたということになる。

差別を共有することで、家族が間接的に否定されることを、当時の自分は望みませんでした。

 

 

2.マイノリティーの立ち位置は微妙だ

 

まだ自分というものができていない段階で異文化に浸かることになり、アイデンティティクライシスのようなものも経験することになりました。

 

生活していくなかで、次第にアジア(日本)人であることや自国の文化を恥ずかしく思うようになってきたんです。

今いる国は素晴らしく、それにくらべ自国は劣っているのではないかと、だんだん不安になってきていた。  

これに関してはまあ住んでた国が悪かったのかもしれないけど・・・・

 

正直に、「日本人に生まれなければよかった....運が悪かった」なんて強く感じるというとこもあったんです。

 

彼らが"スタンダード"であり、自分たちはどこまでいっても"二線級"でしかない、、、

 

なんというか、アジア人というマイノリティーであるせいで、自分は「好ましい・正しい」存在にはなりえないのかな、と....こんなことを漠然と感じるようになっていった、

でも当時はこんなはっきりとした言葉では考えていなかったけれども。

 

とにかく自分が感じたのが、

何か暗い大きなものにゆっくりと自分が飲み込まれるような感覚と無力感....

 

救いは、「外見の他人種コンプレックス」というか、

「アジア人の自分の顔が嫌、現地の他の人種みたいになりたいな」という願望は不思議とありませんでした。

なんだか完全にそこは"別物"という認識で。

 

 

3.それでも旅は終わらない

 

f:id:tadpoles958:20210521010433j:plain

 

そのうち海外生活も終わり、「普通の日本人」として自国に適応していく生活が始まりました(これにまったく苦労がなかったと言えばあれだけど・・)

 普通に生活していて「持って生まれた姿」で否定される心配もなくなり、「自分のアイデンティティに基づく不安を感じること」も終わりました。

 

当初は「自分が日本人であること」を再認識し、強く意識するようになりました。

 

向こうではそれをコンプレックスに思うこともあったんですが、、、

 

そこから逆転現象が起こり、日本における西洋 (白人) 文明偏重に勝手に憤りを感じ始めたからおもしろい...

 

向こうを (欧米)持ち上げてるから、こっちが下に見られるんだよ!」と、

 

もちろん日本にも民族主義や人種差別が存在することはわかってはいたんですが。

 

しばらくしてこれも収まり、自分の内面の旅は次の目的地に進むことになったんです。

 

※いや今でも節操ない欧米あげに関してはおかしいと思う部分が多いですよ? でもとりあえず冷静には見てます

 

 

4.Finding Freedom....

  

f:id:tadpoles958:20210521004443j:plain

 

それが過去になった時に考える、、、

 

私が海外生活で感じていた葛藤は、

「異文化」対「自国の文化」や「異人種」対「自分の人種」の対立ではなく、

 

「人種」・「国家」・「文化」(異国・自国両方含む)という果てしなく大きな存在と「小さな一人の人間である自分」の対立だったんだなと、今では思っています。

 

個人とシステムの対立、システムはなくてはならないものだけど、人間を多くの面で非人間化していく

出典:村上春樹氏:「1Q84」を語る 単独インタビュー 毎日新聞

 

私達を定義している国家、人種や宗教、文化などは「大きなシステム」と言えるんではないでしょうか?

そのシステムの内にいる人間もそれにより抑圧されているとも言えるし、その外にいる人たちを「非人間」として捉えることも簡単にできてしまう。

 

日本で進行する不寛容(特に近隣の国に対しての)、アメリカでアフリカ系やアジア系の人達に今もなお起こっていること、そして今中東で起きていること

それらは国家や文化が実際に対立しているともいえるけれど、それにより傷つくのは一人一人の小さな人間なんです。

 

「世界に一人しかいない個人」が「大きなシステム」に押しつぶされそうになった時、

一人一人がそれを許さずに立ち向かうことが必要です。

 

そのためには私たちが組み込まれているシステムから、もっと自由になることが一つの方法だと考えています。

 

でも国家や人種からいきなり解放されるわけでもない、前者は某EV車界の雄と地球外移住でもして初めて解き放たれるものなのかもね=

もう緩い審査なら志願してやろうかな~日本を支配する悪の組織にはほとほと疲れてきました,,,,直近でまた妄言と差別発言かましてたろ)

 

でも別に火星に行かなくとも、このままで「」はもっと自由になれるのではないでしょうか?

 

そのためには、

想像すること」そして「考えることを放棄しないこと」が必要だと思っています。

 

対立する異なったシステムの向こうにも私たちと同じ人間がいることを想像してみる、

自分たちを仕分け定義しているものが本当に正当なものなのかを疑ってみる、

人々が何かを信じ駆り立てられていた場合、その背後にあるもの、いったい誰が一番得をしているのかを考える、

 

自由を手に入れるためには、

今まで当たり前だったものを手放す痛みを感じること、そして傷ついても最後には自分で答えを出すということ、から避けては通れないのかもしれません。

 

 最後に、

苦悩や困難があっても手に入れた「心の自由」は、決して自分から奪われることはないものです。

 

自分自身が自由であり、それにより他の人間も自由にするとこができる心の境地、

 

自分が最終的にたどり着きたいのはそこなのかもしれません。

 

 

 自分がどこまで自由であるかというのは、いつも考えていなくてはならないことです

 出典:村上春樹「同上」

 

 

 最後に

 誤解のないように言うと、別に海外生活で常に差別されるとかではなく、9割は平穏無事に過ぎると思います。

普段このブログでは海外のものを明るい面で取り入れてるので、今回はその反対の部分に光を当ててみました。

当初の構想では、最後の結論?の部分は違っていて、「成人海外在住(経験)者による安易な比較文化論の垂れ流しにモノ申す!」みたいな内容だったんです。

でも去年から続く世界の様相、パレスチナイスラエルの件でこれを持ってくるのがベストかなと思いました(でも機会があったら書くかもね 震えて待て!!!)

最後に村上春樹さんの話、特にハルキストとかではないんですけど。

私は「ノルウェイの森」を偶然にも二十歳の時に読みました、発売されたのはもちろんそれ以前なんでしょうけど、ちょうどその年齢でふと手に取ったんですBOOKOFFで!)

感想は、「ちょうど二十歳でこれ読めて良かった...巡り合わせもあるものだな」、と。

十代以下の人がいたらノルウェイの森について言いたいことは、

「あの本は君が二十歳になった時にこそ読まれるべきだ、それ以前や、もちろんそれ以降よりも....」かな

(もちろん私個人の意見です!)

 

 

今回はあとがき長いので関連記事なし!

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニマリストの愛用するコスメのブランド6つ

今回はミニマリストの愛用する「コスメのブランド」の紹介になります!

以前はとことん化粧関係に興味を持てなかったんですが、去年から少しずつ変わってきています....

今も持っていて、今後も購入してみたい気持ちのあるブランドを5つご案内します。

 

 

1.セザンヌ 私の顔はこれでつくれる

 

 

意外に長い付き合いかもしれません、

 

以前は化粧に今以上に興味がなく、重い腰を上げて? 何か買わなくてはいけない時は、だいたいここで揃えてました。

 

もちろんプチプラですが、品質に不満があったことはないかな、

去年からデパコスとかも一部使ってみた経験から、むしろこの値段でこれだけやれてすごいなーと。

 

 

ちなみに人生初のファンデーションはマキアージュだったんですが(買ってもらった!) 

それ以降、自分で買うとなったら、別に高いの買わなくてよくない!?となり、ここのファンデーションを買ってました。

 

 

それ以外に今まで使ったものは、3色のアイシャドウ、チーク、マスカラとかですね(特にマスカラはすごい!

 

セザンヌ製品でほぼほぼ顔全体を制覇したんではないかな?  一通りのものを使った経験があると思います。

 

 

 今はパウダーのアイブロウを愛用中です、なかなか減らず2年目ですね!

 

 

 

2.キャンメイク   驚いたことがあります.....

 

 

 

近年、前章のブランドと発売元が同じだということを知り驚いています....同じだったことにではなく、知らなかった自分に対してですが!

 

今はクリームチーク、アイライナーとアイシャドウベースを持っています。

人生初のチークは100均でしたが、あとは大体ここのかな?

 

何も買わなくてもディスプレイ見てるだけで楽しい!

 

 

 

3.kylie cosmetics   大富豪の遊戯?

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Kylie 🤍(@kyliejenner)がシェアした投稿

 

「リアリティスター カイリー・ジェンナー」の手掛ける「kylie cosmetics」のリップを愛用中です。

コスメはkylie cosmeticsの公式サイトで購入可能、日本にも配送してます。

※サイトリニューアル中です

 

購入は公式サイトからが絶対おすすめ、

何故かというと、売れすぎて偽物が出まくっていて要注意だから....

 

カイリー♡

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Kylie 🤍(@kyliejenner)がシェアした投稿

 

コスメは全般売ってるんですが、マットリップが看板商品ですね。

 

特徴としては、

 

・発色がいい

・とにかく落ちない

・軽い付け心地

 

色の引き出しが多くてとても鮮やか、唇にのせても見たまんまで発色します。

 

 で、落ちにくい! 付けたら大体一日そのままでいてくれます。

でも個人的に食事の前には必ず落としてますが(ワセリンでごそっと落ちます!)

 

付けた感じも軽いので、なんか塗ってるのたまに忘れます、、

 

 ありがちなインフルエンサー名義貸しブランドみたいなチープさはなく、しっかりとした製品になっていると思います。

 

あとユニークなコラボも多いし、パッケージやデザインもかわいい! 

コスメは性能?はもちろんだけど、夢を与えたり気分をあげてくれる外観も大事だよねーと実感するブランド。

 

 

また、これの購入によりカイリーの資産形成に一部貢献しているかと思うと、なんとも言えない気持ちになります!

 

 

問屋??

 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Kylie 🤍(@kyliejenner)がシェアした投稿

 

 

4.Charlotte Tilbury "女王陛下"のお気に入り

 

 

日本未上陸のイギリスのブランドです。

 

けっこう有名な人達がこぞって愛用してるみたいですね、創設者自身も人気のメイクアップアーティストさんだそうです。

 

人生で初のデパコスのアイシャドウがここですね、今は使って2年目になります。 

当初はトムフォードかなーとも考えてたんです、でもなかなか自分が好きになれる色が見つからなかった....

 

そんな時、伏兵でこちらが登場、自分の好きなエミリア・クラークの愛用ブランドとして知ったんですが、、

 

 

 

luxury eyeshadow palette(上にある4色の)」という定番品のアイシャドウパレットが目に留り、

   

 その色の構成が魅力的すぎた!

 

なんだか見ていてワクワクしつつ、しっかり使ってるところが想像できる!

 

「きれいだけど、、これどう使うの.....??」みたいな不安を感じさせないんですよね。

 

シャーロットさんが色の調和なんかもしっかり考えて作ってるらしいんで、見ててしっくりきてお気に入りを見つけやすいんではないかなと。

 

 

 

マットリップも良いらしいんで、機会があったら買ってみたい。

 

セレブの方々をイメージしたシリーズもあるんですが、私の好きな人がいなかったーー  いたらもう買ってたよ

 JKローリングとかミランダカーとかポピーデルヴィーニュとかのものはありました 、あとキムのもだね(おなじみ)

 

個人的にはエミリアとかカーリークロスとかリアーナを加えてほしい...そしたらどれか買う!

 

 

でもキムのことは忘れちゃなんねっ 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Charlotte Tilbury, MBE(@ctilburymakeup)

 

 

5.ビオレ さりげなく隣に、

 

日焼け止めとか最近ここのを使ってます。

実際は、特に絶対ここじゃないと!というのはないかな? それよりも、ほんとに気軽に買えるのがいいですよね。

プチプラ価格ながら色々挑戦?してる製品もあっておもしろい。

でもラインナップがほぼほぼ高SPFだけになったのはいただけないですね!

 

  

なんか購買意欲をさりげなくそそる図だよね...

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

BioreUV(@bioreuv_jp)がシェアした投稿

 

 

6.LE LABO     優しいにおいにつつまれたなら....

 

 

 

ルラボ はニューヨーク発のフレグランスブランド。

 

それなりに値段は張るんですが、その価値はあると思います。

ほとんど香水に興味のない自分もあえて持ってます、そして完全にプライベート用ですね(なのでなかなか減らない..)

 

スキンフレグランス」といって自分の肌に溶け込むような香水です。

最初は付けてて、「においが弱すぎる?」と不安に思ったんですが、仄かに香っています。

 

なんだか嗅いでいて負担にならないんですね、

 

今までは、たとえ高めの香水を嗅いでも、

「(最初は) 良いにおい、、でも、もういいかな・・・」となるパターンがほとんどだったんですが。

 

原料は最高級の (ブランド曰く) ものを使っているみたいなので、全体的に繊細で上品なにおいがする印象です。

 

ルラボの代官山店と京都店(のみ) ではその場で調合もしてくれる、あとラベルに文字を入れるパーソナライズサービスもあり(これは共通)

 

せっかくなんでおすすめの2本を紹介します!

 

・BAIE19

 

 

これは「雨が降った大地」の香りです。

長い間日照りが続いた後の最初の雨に伴う独特の香り、ペトリコールを表現しています。それは、雨で濡れにた大地が放つ独特なウェット感を表現している香り

出典:BAIE 19 - eau de parfum | ル ラボ 公式オンラインショップ

 

"ペトリコール"という言葉に惹かれて一度購入したもの、香りはフレッシュですね。

上のインスタグラムの画像に材料が載ってます。

 

なんだか珍しいにおいかなーとも思いますが、一番のお気に入りでもあります

 

GAIAC10 

 

 

各国の都市をイメージしたシリーズの「東京」版です。

 

都市限定でオンラインでも出ておらず、都内の実店舗でしか購入できません。

 

これは「東京の香り」と説明されてますが、、、

大丈夫、かなり良いにおいだよ!!

 

ガイアックウッドとムスク中心で、スモークみたいなにおいも薄っすらします。

 

他の製品より香水の濃度が高めではあるようですね、たしかに付けてからの持続期間も長いとも感じます....

値段も高いんですが、インスタとか見てると、ラインナップの中でもかなり人気あるんだなーという印象。

 

ルラボ初心者には上のBAIEよりこちらがおすすめかもしれません。

 

 

最後に

前回は「服」だったんで今回は「コスメ全般」にしてみました。

吉川康雄さんの「UNMIX」もぜひ入れたかったんですが、まだ買えてないので....

ちなみに今回出演のカイリーとキムは姉妹です。

あと人生初のアイシャドウはこれまた100円均一でした!

 

 

 

愛用ブランド「服」編   でもキムのことは~以下略

 

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 Kylie Cosmeticsとカーダシアン家について

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 




 

 

買わないチャレンジ2021 途中経過 4月

 2021 私の買わないチャレンンジの途中経過になります。

それでは4月分をご報告させていただきます!

 

 

1.買わずに頑張る4領域

 

・ワードローブ

購入:0

順調ですね、来年はスニーカーが欲しいな

 

 

・コスメ

購入:0

マスカラは思案中です

 

 

・コラボ

購入:0

 

 

Amazonバイス

購入:0

 先日、思わず「アレク.....!」と声をかけてしまったら、スピーカーに聞こえないふりして無視された自分です。

 

2.特筆すべき買い物は

 

前にも何度か書いた「iherb」で食品セールが行われてました。

あそこで買うものはむしろ生活用品より食品が多い自分、、、、もちろん参戦、食品のみ購入しました。

今回買ったお気に入りを少し紹介します!

 

・KETTLE ポテトチップス

 

インスタとかなかったんで撮ったよ・・偉業達成した!!

f:id:tadpoles958:20210516213845j:plain

 

トランス脂肪酸不使用、オーガニックのポテトチップスです。

固くて大きくて食べ応えがある。

日本人としては塩味効きすぎな感じがしないでもないですが、おいしいです。

辛いもの好きには上の二つがおススメです!

 

 ・yum earth グミ

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

YumEarth(@yumearth)がシェアした投稿

 

オーガニックのキャンディーのメーカー、私はなかでもグミが大好物です。

上のポテトと合わせて、日本でも気軽に買えたら嬉しいんですけどね=

 

最後に

日本のポテトでは「暴君ハバネロ」が好きな自分です、、、、、

最近、立て続けに誤字脱字、文章が不完全なまま記事を出してしまい、自分自身でも戦慄している次第です。今後ちゃんとします。

 

 

3月分

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

2月分

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

1月分

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 概要

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 

もったいなくて買ったモノが使えない時に考えてみること

 今回はせっかく「欲しかったモノ」を手に入れたけれど、それを使えない、という悩みについての記事です。

 買い物が好きだった頃、あるモノを手に入れたら、大切にしまい込んで使わない、なんてことをそれなりに経験してました。

モノをしまい込んで逆に損すること、手に入れたモノをしっかり使うための方法、少し考えてみました。

 

 

1. スニーカーに起きたこと

 

     f:id:tadpoles958:20210516145919p:plain

 

以前NIKEのスニーカーを買いました。別に特別な製品ではなかったんですが、当時の自分には安くない買い物だったんです。

 

「使ったら汚れるし、他に履く靴が何足もあるし、今は使わないでおこう!」

 

そんなんで数年後、

 ふと、スニーカーの存在を思い出し、履いてみようと試みたところ(室内で)

 

脆くも崩れ去るスニーカー・・(のソール)

 

何年もしまい込まれ、水分を吸い込み続け、ついに加水分解を起こしたみたいです。

 

買った当初は大事に温存することが良いことだと思っていたけれど、結局はスニーカーを無駄にすることになってしまいました。

 

 

2.モノの使用期限を意識してみる

 

f:id:tadpoles958:20210516022830j:plain

 

大切に取っておいても限度はあります、

前章のように、大抵のモノには「使用期限」が存在しているから。

 

・経年劣化

スニーカーの悲劇、

使用しなくても、保管してるだけでモノは劣化していきます。

 

 ・流行

しまっておいて数年後、これ使ってる人見渡してもいない...今更使いにくい、なんてことも。

 

・年齢

二の足踏んでいるうちに、もうそのモノに相応しくない年齢になってしまうこともあります。

 

・環境

 買ったけど使うタイミングを逃し続けていると、そのうち環境が変わって、もう使える状況ではない、なんてこともありえます。 

 

 

3.使っていないモノを使う (利用する) 方法

 

f:id:tadpoles958:20210516201551j:plain

 

もったいながらずに使うための方法を考えてみました。

 

3-1.いっそリセールする

 

使うとは違うけど、売ってしまう、というのもこの際あり。

 

買ったけど使っていなかったんだから、今までの自分にとっては必須なモノではなかったはず。

 

ではこれは、これからの自分に本当に必要なモノなんだろうか?

 

もし少しでも、「別になくていいかも...」なんて思ったら、思い切って手放してしまうのも一つの手かもしれません。

 

もちろんどんなリセールでも未使用の方が高い値が付きやすいです。

むしろ悩んでる時間がもったいない、善は急げです!

  

3-2.死蔵品に生を与える機会を持つ

 

死蔵(品)とは?

活用せずに、しまい込んでおくこと

出典:死蔵(しぞう)の意味 - goo国語辞書

 

一度、家にある「死蔵品」を見直してみるのもいいかもしれません。

使われずに眠っている服、靴、コスメ、デジタル用品、食品などなど....

 

休みの日にでも、しまってあるモノを出してきて、実際に使ってみる。

※見つけて「いらないな」と思ったら3-1のように

 

服だったらそれを着てそのまま外出してみたり、食品はそれを使って何か料理を作っみたり.....

 

イベント」として楽しみながら使い始めてみるのもいいかもしれません。

 

 

 4.大きな一歩を踏み出すために

 

f:id:tadpoles958:20210516023311j:plain



モノがもったいなくて使えない時、人は、「現在」を意識せず「未来」を強く思い描いている、と言えるのかもしれません。

 

いずれ来るかもしれない「特別な機会」に、

自分が「これを使うのに相応しい人間」になった時に、

これを一番いい状態で使えるような「環境が整った時」に、

 

その「いつか」をただ待っているだけなのかもしれない。

 

でも、ただ待つのではなく、未来へは自分で向かっていけるもの。

 

〇〇円もした、もう売ってないから、デザインが繊細で....とか全部振り切って、頑張って一歩を踏み出して、それを使ってみる。

始める前は不安が強くても、実際やってみたらなんてことはなかった、そんなことも多いですよね。

 

あと、使えばその分モノは必ず損なわれる、、、、

「 せっかく買った高い靴、初めて外で使ってみたけど、やっぱり汚れた.....果たしてこれで良かったのかな?」

 

全然OKです!

 

人生で大切なことは他に山ほどある、

奮発して買ったスニーカーが汚れるくらい、大したことではありません。

 

そして形のあるモノはいつかなくなる、、、、

 

スニーカーをたくさん履けば、そのうちにくたびれ役目を終えるのかもしれませんが、

(それを履いて)いろんな場所に出かけた思い出を私達に残すのではないでしょうか?

 

 

 

最後に

「モノへの執着」はいつもテーマでもありますね。

以前の自分は気に入ったものを買っても、しまって使わないままになっているパターンがとても多かったんです。

必要だと思って買っていたんですが、別に使わなくても大丈夫だったんで、結局は必要ないものだったのかも。

でも今回はミニマリスト関係というより、とにかく純粋に買ったモノを使えないでいることについての記事です。

 

 

tadpoles958.hatenablog.jp