少ないのは楽しい

少ないのは楽しい

ほんの小さなミニマリストのライフスタイル

MENU

【差別?】全然楽しくない海外生活のはなし【もちろん!】

 今回は「楽しくない海外生活の話」です。私は以前、それなりに長期?海外で生活していたことがあります。

今では「かなり大がかりな旅だったかも」なんて冗談で言ったりもしますが、、

どんな旅行?にも苦労やトラブルはつきものかもしれない、、、

海外生活で楽しくなかった思い、またその後見つけたことについても少し書いてみました。

 

 ※体験ベースの記事なので文中では海外=欧米国家の一つとなってます

f:id:tadpoles958:20210520235831j:plain

 

 

1.人種差別は普通にある

 

はい、これ普通にありました。

と言っても、いきなり「〇〇P!」とか暴言はかれるとかではなく、「無意識の人種差別(マイクロアグレッション)」が9割方でしたけど。 

 

マイクロアグレッションとは

意図的か否かにかかわらず、政治的文化的に疎外された集団に対する何気ない日常の中で行われる言動に現れる偏見や差別に基づく見下しや侮辱、否定的な態度のこと

出典:マイクロアグレッション - Wikipedia

 

近年流行りの、炎上して言い訳されてる「そんなつもりなかった」系差別ですね、下に例を一部挙げます。

 

・アジア人てみんな同じ顔だよね!と嬉しそうに言われる

・この人、アジア人あんまり好きじゃなんだろーなと感じる人々に出会う

・メディア、広告、エンタメ内とかでアジア人やその文化が茶化されてる

・授業中、東アジア地域の人間の特徴について、教師が微妙な言及をする(2020年代だったらその場で問題になってるんじゃない??)

・文化について理不尽なことを言われる

 

なんか悪びれてないので、もうナチュラルに見下してるのかな、と。

これ、見るからな悪人でなくて、普通の人がさらりとやるから悩ましい。

 

またグレーゾーンなんて存在しない、ガチの人種差別にもあったことがあります。

 

とある状況で、とあることを拒否されたときに言われた言葉、

 

「まっさらな白人のみだから!」

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

あとアジア系だと言葉がわからないと思って、笑顔でフレンドリーを装いながら、侮辱的なことを言われたこともあります。

 

実は自分が人種差別をされたということを親しい人間にあまり言えませんでした。

特に家族とは極端に「差別の話題」を避けていました。

向こうの話も聞きたくないし、何よりも私の話をしたくない、、、

 

それは、

他の人間も一緒に否定されたことになるから

 

例えば、私が人種で否定されれば、もちろん同じアジア人種である私の家族も同じく否定されたということになる。

差別を共有することで、家族が間接的に否定されることを、当時の自分は望みませんでした。

 

 

2.マイノリティーの立ち位置は微妙だ

 

まだ自分というものができていない段階で異文化に浸かることになり、アイデンティティクライシスのようなものも経験することになりました。

 

生活していくなかで、次第にアジア(日本)人であることや自国の文化を恥ずかしく思うようになってきたんです。

今いる国は素晴らしく、それにくらべ自国は劣っているのではないかと、だんだん不安になってきていた。  

これに関してはまあ住んでた国が悪かったのかもしれないけど・・・・

 

正直に、「日本人に生まれなければよかった....運が悪かった」なんて強く感じるというとこもあったんです。

 

彼らが"スタンダード"であり、自分たちはどこまでいっても"二線級"でしかない、、、

 

なんというか、アジア人というマイノリティーであるせいで、自分は「好ましい・正しい」存在にはなりえないのかな、と....こんなことを漠然と感じるようになっていった、

でも当時はこんなはっきりとした言葉では考えていなかったけれども。

 

とにかく自分が感じたのが、

何か暗い大きなものにゆっくりと自分が飲み込まれるような感覚と無力感....

 

救いは、「外見の他人種コンプレックス」というか、

「アジア人の自分の顔が嫌、現地の他の人種みたいになりたいな」という願望は不思議とありませんでした。

なんだか完全にそこは"別物"という認識で。

 

 

3.それでも旅は終わらない

 

f:id:tadpoles958:20210521010433j:plain

 

そのうち海外生活も終わり、「普通の日本人」として自国に適応していく生活が始まりました(これにまったく苦労がなかったと言えばあれだけど・・)

 普通に生活していて「持って生まれた姿」で否定される心配もなくなり、「自分のアイデンティティに基づく不安を感じること」も終わりました。

 

当初は「自分が日本人であること」を再認識し、強く意識するようになりました。

 

向こうではそれをコンプレックスに思うこともあったんですが、、、

 

そこから逆転現象が起こり、日本における西洋 (白人) 文明偏重に勝手に憤りを感じ始めたからおもしろい...

 

向こうを (欧米)持ち上げてるから、こっちが下に見られるんだよ!」と、

 

もちろん日本にも民族主義や人種差別が存在することはわかってはいたんですが。

 

しばらくしてこれも収まり、自分の内面の旅は次の目的地に進むことになったんです。

 

※いや今でも節操ない欧米あげに関してはおかしいと思う部分が多いですよ? でもとりあえず冷静には見てます

 

 

4.Finding Freedom....

  

f:id:tadpoles958:20210521004443j:plain

 

それが過去になった時に考える、、、

 

私が海外生活で感じていた葛藤は、

「異文化」対「自国の文化」や「異人種」対「自分の人種」の対立ではなく、

 

「人種」・「国家」・「文化」(異国・自国両方含む)という果てしなく大きな存在と「小さな一人の人間である自分」の対立だったんだなと、今では思っています。

 

個人とシステムの対立、システムはなくてはならないものだけど、人間を多くの面で非人間化していく

出典:村上春樹氏:「1Q84」を語る 単独インタビュー 毎日新聞

 

私達を定義している国家、人種や宗教、文化などは「大きなシステム」と言えるんではないでしょうか?

そのシステムの内にいる人間もそれにより抑圧されているとも言えるし、その外にいる人たちを「非人間」として捉えることも簡単にできてしまう。

 

日本で進行する不寛容(特に近隣の国に対しての)、アメリカでアフリカ系やアジア系の人達に今もなお起こっていること、そして今中東で起きていること

それらは国家や文化が実際に対立しているともいえるけれど、それにより傷つくのは一人一人の小さな人間なんです。

 

「世界に一人しかいない個人」が「大きなシステム」に押しつぶされそうになった時、

一人一人がそれを許さずに立ち向かうことが必要です。

 

そのためには私たちが組み込まれているシステムから、もっと自由になることが一つの方法だと考えています。

 

でも国家や人種からいきなり解放されるわけでもない、前者は某EV車界の雄と地球外移住でもして初めて解き放たれるものなのかもね=

もう緩い審査なら志願してやろうかな~日本を支配する悪の組織にはほとほと疲れてきました,,,,直近でまた妄言と差別発言かましてたろ)

 

でも別に火星に行かなくとも、このままで「」はもっと自由になれるのではないでしょうか?

 

そのためには、

想像すること」そして「考えることを放棄しないこと」が必要だと思っています。

 

対立する異なったシステムの向こうにも私たちと同じ人間がいることを想像してみる、

自分たちを仕分け定義しているものが本当に正当なものなのかを疑ってみる、

人々が何かを信じ駆り立てられていた場合、その背後にあるもの、いったい誰が一番得をしているのかを考える、

 

自由を手に入れるためには、

今まで当たり前だったものを手放す痛みを感じること、そして傷ついても最後には自分で答えを出すということ、から避けては通れないのかもしれません。

 

 最後に、

苦悩や困難があっても手に入れた「心の自由」は、決して自分から奪われることはないものです。

 

自分自身が自由であり、それにより他の人間も自由にするとこができる心の境地、

 

自分が最終的にたどり着きたいのはそこなのかもしれません。

 

 

 自分がどこまで自由であるかというのは、いつも考えていなくてはならないことです

 出典:村上春樹「同上」

 

 

 最後に

 誤解のないように言うと、別に海外生活で常に差別されるとかではなく、9割は平穏無事に過ぎると思います。

普段このブログでは海外のものを明るい面で取り入れてるので、今回はその反対の部分に光を当ててみました。

当初の構想では、最後の結論?の部分は違っていて、「成人海外在住(経験)者による安易な比較文化論の垂れ流しにモノ申す!」みたいな内容だったんです。

でも去年から続く世界の様相、パレスチナイスラエルの件でこれを持ってくるのがベストかなと思いました(でも機会があったら書くかもね 震えて待て!!!)

最後に村上春樹さんの話、特にハルキストとかではないんですけど。

私は「ノルウェイの森」を偶然にも二十歳の時に読みました、発売されたのはもちろんそれ以前なんでしょうけど、ちょうどその年齢でふと手に取ったんですBOOKOFFで!)

感想は、「ちょうど二十歳でこれ読めて良かった...巡り合わせもあるものだな」、と。

十代以下の人がいたらノルウェイの森について言いたいことは、

「あの本は君が二十歳になった時にこそ読まれるべきだ、それ以前や、もちろんそれ以降よりも....」かな

(もちろん私個人の意見です!)

 

 

今回はあとがき長いので関連記事なし!

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニマリストの愛用するコスメのブランド6つ

今回はミニマリストの愛用する「コスメのブランド」の紹介になります!

以前はとことん化粧関係に興味を持てなかったんですが、去年から少しずつ変わってきています....

今も持っていて、今後も購入してみたい気持ちのあるブランドを5つご案内します。

 

 

1.セザンヌ 私の顔はこれでつくれる

 

 

意外に長い付き合いかもしれません、

 

以前は化粧に今以上に興味がなく、重い腰を上げて? 何か買わなくてはいけない時は、だいたいここで揃えてました。

 

もちろんプチプラですが、品質に不満があったことはないかな、

去年からデパコスとかも一部使ってみた経験から、むしろこの値段でこれだけやれてすごいなーと。

 

 

ちなみに人生初のファンデーションはマキアージュだったんですが(買ってもらった!) 

それ以降、自分で買うとなったら、別に高いの買わなくてよくない!?となり、ここのファンデーションを買ってました。

 

 

それ以外に今まで使ったものは、3色のアイシャドウ、チーク、マスカラとかですね(特にマスカラはすごい!

 

セザンヌ製品でほぼほぼ顔全体を制覇したんではないかな?  一通りのものを使った経験があると思います。

 

 

 今はパウダーのアイブロウを愛用中です、なかなか減らず2年目ですね!

 

 

 

2.キャンメイク   驚いたことがあります.....

 

 

 

近年、前章のブランドと発売元が同じだということを知り驚いています....同じだったことにではなく、知らなかった自分に対してですが!

 

今はクリームチーク、アイライナーとアイシャドウベースを持っています。

人生初のチークは100均でしたが、あとは大体ここのかな?

 

何も買わなくてもディスプレイ見てるだけで楽しい!

 

 

 

3.kylie cosmetics   大富豪の遊戯?

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Kylie 🤍(@kyliejenner)がシェアした投稿

 

「リアリティスター カイリー・ジェンナー」の手掛ける「kylie cosmetics」のリップを愛用中です。

コスメはkylie cosmeticsの公式サイトで購入可能、日本にも配送してます。

※サイトリニューアル中です

 

購入は公式サイトからが絶対おすすめ、

何故かというと、売れすぎて偽物が出まくっていて要注意だから....

 

カイリー♡

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Kylie 🤍(@kyliejenner)がシェアした投稿

 

コスメは全般売ってるんですが、マットリップが看板商品ですね。

 

特徴としては、

 

・発色がいい

・とにかく落ちない

・軽い付け心地

 

色の引き出しが多くてとても鮮やか、唇にのせても見たまんまで発色します。

 

 で、落ちにくい! 付けたら大体一日そのままでいてくれます。

でも個人的に食事の前には必ず落としてますが(ワセリンでごそっと落ちます!)

 

付けた感じも軽いので、なんか塗ってるのたまに忘れます、、

 

 ありがちなインフルエンサー名義貸しブランドみたいなチープさはなく、しっかりとした製品になっていると思います。

 

あとユニークなコラボも多いし、パッケージやデザインもかわいい! 

コスメは性能?はもちろんだけど、夢を与えたり気分をあげてくれる外観も大事だよねーと実感するブランド。

 

 

また、これの購入によりカイリーの資産形成に一部貢献しているかと思うと、なんとも言えない気持ちになります!

 

 

問屋??

 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Kylie 🤍(@kyliejenner)がシェアした投稿

 

 

4.Charlotte Tilbury "女王陛下"のお気に入り

 

 

日本未上陸のイギリスのブランドです。

 

けっこう有名な人達がこぞって愛用してるみたいですね、創設者自身も人気のメイクアップアーティストさんだそうです。

 

人生で初のデパコスのアイシャドウがここですね、今は使って2年目になります。 

当初はトムフォードかなーとも考えてたんです、でもなかなか自分が好きになれる色が見つからなかった....

 

そんな時、伏兵でこちらが登場、自分の好きなエミリア・クラークの愛用ブランドとして知ったんですが、、

 

 

 

luxury eyeshadow palette(上にある4色の)」という定番品のアイシャドウパレットが目に留り、

   

 その色の構成が魅力的すぎた!

 

なんだか見ていてワクワクしつつ、しっかり使ってるところが想像できる!

 

「きれいだけど、、これどう使うの.....??」みたいな不安を感じさせないんですよね。

 

シャーロットさんが色の調和なんかもしっかり考えて作ってるらしいんで、見ててしっくりきてお気に入りを見つけやすいんではないかなと。

 

 

 

マットリップも良いらしいんで、機会があったら買ってみたい。

 

セレブの方々をイメージしたシリーズもあるんですが、私の好きな人がいなかったーー  いたらもう買ってたよ

 JKローリングとかミランダカーとかポピーデルヴィーニュとかのものはありました 、あとキムのもだね(おなじみ)

 

個人的にはエミリアとかカーリークロスとかリアーナを加えてほしい...そしたらどれか買う!

 

 

でもキムのことは忘れちゃなんねっ 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Charlotte Tilbury, MBE(@ctilburymakeup)

 

 

5.ビオレ さりげなく隣に、

 

日焼け止めとか最近ここのを使ってます。

実際は、特に絶対ここじゃないと!というのはないかな? それよりも、ほんとに気軽に買えるのがいいですよね。

プチプラ価格ながら色々挑戦?してる製品もあっておもしろい。

でもラインナップがほぼほぼ高SPFだけになったのはいただけないですね!

 

  

なんか購買意欲をさりげなくそそる図だよね...

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

BioreUV(@bioreuv_jp)がシェアした投稿

 

 

6.LE LABO     優しいにおいにつつまれたなら....

 

 

 

ルラボ はニューヨーク発のフレグランスブランド。

 

それなりに値段は張るんですが、その価値はあると思います。

ほとんど香水に興味のない自分もあえて持ってます、そして完全にプライベート用ですね(なのでなかなか減らない..)

 

スキンフレグランス」といって自分の肌に溶け込むような香水です。

最初は付けてて、「においが弱すぎる?」と不安に思ったんですが、仄かに香っています。

 

なんだか嗅いでいて負担にならないんですね、

 

今までは、たとえ高めの香水を嗅いでも、

「(最初は) 良いにおい、、でも、もういいかな・・・」となるパターンがほとんどだったんですが。

 

原料は最高級の (ブランド曰く) ものを使っているみたいなので、全体的に繊細で上品なにおいがする印象です。

 

ルラボの代官山店と京都店(のみ) ではその場で調合もしてくれる、あとラベルに文字を入れるパーソナライズサービスもあり(これは共通)

 

せっかくなんでおすすめの2本を紹介します!

 

・BAIE19

 

 

これは「雨が降った大地」の香りです。

長い間日照りが続いた後の最初の雨に伴う独特の香り、ペトリコールを表現しています。それは、雨で濡れにた大地が放つ独特なウェット感を表現している香り

出典:BAIE 19 - eau de parfum | ル ラボ 公式オンラインショップ

 

"ペトリコール"という言葉に惹かれて一度購入したもの、香りはフレッシュですね。

上のインスタグラムの画像に材料が載ってます。

 

なんだか珍しいにおいかなーとも思いますが、一番のお気に入りでもあります

 

GAIAC10 

 

 

各国の都市をイメージしたシリーズの「東京」版です。

 

都市限定でオンラインでも出ておらず、都内の実店舗でしか購入できません。

 

これは「東京の香り」と説明されてますが、、、

大丈夫、かなり良いにおいだよ!!

 

ガイアックウッドとムスク中心で、スモークみたいなにおいも薄っすらします。

 

他の製品より香水の濃度が高めではあるようですね、たしかに付けてからの持続期間も長いとも感じます....

値段も高いんですが、インスタとか見てると、ラインナップの中でもかなり人気あるんだなーという印象。

 

ルラボ初心者には上のBAIEよりこちらがおすすめかもしれません。

 

 

最後に

前回は「服」だったんで今回は「コスメ全般」にしてみました。

吉川康雄さんの「UNMIX」もぜひ入れたかったんですが、まだ買えてないので....

ちなみに今回出演のカイリーとキムは姉妹です。

あと人生初のアイシャドウはこれまた100円均一でした!

 

 

 

愛用ブランド「服」編   でもキムのことは~以下略

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 Kylie Cosmeticsとカーダシアン家について

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 




 

 

買わないチャレンジ2021 途中経過 4月

 2021 私の買わないチャレンンジの途中経過になります。

それでは4月分をご報告させていただきます!

 

 

1.買わずに頑張る4領域

 

・ワードローブ

購入:0

順調ですね、来年はスニーカーが欲しいな

 

 

・コスメ

購入:0

マスカラは思案中です

 

 

・コラボ

購入:0

 

 

Amazonバイス

購入:0

 先日、思わず「アレク.....!」と声をかけてしまったら、スピーカーに聞こえないふりして無視された自分です。

 

2.特筆すべき買い物は

 

前にも何度か書いた「iherb」で食品セールが行われてました。

あそこで買うものはむしろ生活用品より食品が多い自分、、、、もちろん参戦、食品のみ購入しました。

今回買ったお気に入りを少し紹介します!

 

・KETTLE ポテトチップス

 

インスタとかなかったんで撮ったよ・・偉業達成した!!

f:id:tadpoles958:20210516213845j:plain

 

トランス脂肪酸不使用、オーガニックのポテトチップスです。

固くて大きくて食べ応えがある。

日本人としては塩味効きすぎな感じがしないでもないですが、おいしいです。

辛いもの好きには上の二つがおススメです!

 

 ・yum earth グミ

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

YumEarth(@yumearth)がシェアした投稿

 

オーガニックのキャンディーのメーカー、私はなかでもグミが大好物です。

上のポテトと合わせて、日本でも気軽に買えたら嬉しいんですけどね=

 

最後に

日本のポテトでは「暴君ハバネロ」が好きな自分です、、、、、

最近、立て続けに誤字脱字、文章が不完全なまま記事を出してしまい、自分自身でも戦慄している次第です。今後ちゃんとします。

 

 

3月分

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

2月分

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

1月分

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 概要

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 

もったいなくて買ったモノが使えない時に考えてみること

 今回はせっかく「欲しかったモノ」を手に入れたけれど、それを使えない、という悩みについての記事です。

 買い物が好きだった頃、あるモノを手に入れたら、大切にしまい込んで使わない、なんてことをそれなりに経験してました。

モノをしまい込んで逆に損すること、手に入れたモノをしっかり使うための方法、少し考えてみました。

 

 

1. スニーカーに起きたこと

 

     f:id:tadpoles958:20210516145919p:plain

 

以前NIKEのスニーカーを買いました。別に特別な製品ではなかったんですが、当時の自分には安くない買い物だったんです。

 

「使ったら汚れるし、他に履く靴が何足もあるし、今は使わないでおこう!」

 

そんなんで数年後、

 ふと、スニーカーの存在を思い出し、履いてみようと試みたところ(室内で)

 

脆くも崩れ去るスニーカー・・(のソール)

 

何年もしまい込まれ、水分を吸い込み続け、ついに加水分解を起こしたみたいです。

 

買った当初は大事に温存することが良いことだと思っていたけれど、結局はスニーカーを無駄にすることになってしまいました。

 

 

2.モノの使用期限を意識してみる

 

f:id:tadpoles958:20210516022830j:plain

 

大切に取っておいても限度はあります、

前章のように、大抵のモノには「使用期限」が存在しているから。

 

・経年劣化

スニーカーの悲劇、

使用しなくても、保管してるだけでモノは劣化していきます。

 

 ・流行

しまっておいて数年後、これ使ってる人見渡してもいない...今更使いにくい、なんてことも。

 

・年齢

二の足踏んでいるうちに、もうそのモノに相応しくない年齢になってしまうこともあります。

 

・環境

 買ったけど使うタイミングを逃し続けていると、そのうち環境が変わって、もう使える状況ではない、なんてこともありえます。 

 

 

3.使っていないモノを使う (利用する) 方法

 

f:id:tadpoles958:20210516201551j:plain

 

もったいながらずに使うための方法を考えてみました。

 

3-1.いっそリセールする

 

使うとは違うけど、売ってしまう、というのもこの際あり。

 

買ったけど使っていなかったんだから、今までの自分にとっては必須なモノではなかったはず。

 

ではこれは、これからの自分に本当に必要なモノなんだろうか?

 

もし少しでも、「別になくていいかも...」なんて思ったら、思い切って手放してしまうのも一つの手かもしれません。

 

もちろんどんなリセールでも未使用の方が高い値が付きやすいです。

むしろ悩んでる時間がもったいない、善は急げです!

  

3-2.死蔵品に生を与える機会を持つ

 

死蔵(品)とは?

活用せずに、しまい込んでおくこと

出典:死蔵(しぞう)の意味 - goo国語辞書

 

一度、家にある「死蔵品」を見直してみるのもいいかもしれません。

使われずに眠っている服、靴、コスメ、デジタル用品、食品などなど....

 

休みの日にでも、しまってあるモノを出してきて、実際に使ってみる。

※見つけて「いらないな」と思ったら3-1のように

 

服だったらそれを着てそのまま外出してみたり、食品はそれを使って何か料理を作っみたり.....

 

イベント」として楽しみながら使い始めてみるのもいいかもしれません。

 

 

 4.大きな一歩を踏み出すために

 

f:id:tadpoles958:20210516023311j:plain



モノがもったいなくて使えない時、人は、「現在」を意識せず「未来」を強く思い描いている、と言えるのかもしれません。

 

いずれ来るかもしれない「特別な機会」に、

自分が「これを使うのに相応しい人間」になった時に、

これを一番いい状態で使えるような「環境が整った時」に、

 

その「いつか」をただ待っているだけなのかもしれない。

 

でも、ただ待つのではなく、未来へは自分で向かっていけるもの。

 

〇〇円もした、もう売ってないから、デザインが繊細で....とか全部振り切って、頑張って一歩を踏み出して、それを使ってみる。

始める前は不安が強くても、実際やってみたらなんてことはなかった、そんなことも多いですよね。

 

あと、使えばその分モノは必ず損なわれる、、、、

「 せっかく買った高い靴、初めて外で使ってみたけど、やっぱり汚れた.....果たしてこれで良かったのかな?」

 

全然OKです!

 

人生で大切なことは他に山ほどある、

奮発して買ったスニーカーが汚れるくらい、大したことではありません。

 

そして形のあるモノはいつかなくなる、、、、

 

スニーカーをたくさん履けば、そのうちにくたびれ役目を終えるのかもしれませんが、

(それを履いて)いろんな場所に出かけた思い出を私達に残すのではないでしょうか?

 

 

 

最後に

「モノへの執着」はいつもテーマでもありますね。

以前の自分は気に入ったものを買っても、しまって使わないままになっているパターンがとても多かったんです。

必要だと思って買っていたんですが、別に使わなくても大丈夫だったんで、結局は必要ないものだったのかも。

でも今回はミニマリスト関係というより、とにかく純粋に買ったモノを使えないでいることについての記事です。

 

 

tadpoles958.hatenablog.jp

 

【プチプラ】ミニマリストの愛用する服のブランド8つ【ハイブラ?】

たくさんあった服を手放し、今はずいぶんすっきりとしたラインナップで過ごしています。

今回はミニマリストの自分が愛用している服のブランドをご紹介します。

 

本編をお読みいただく前に、中の人の「方向性」を一応お伝えします。

私の服の方向性

・どちらかと言うとシンプルなものが好き

・どちらかと言うとカジュアルより

・頭に浮かんだファッションアイコンは「い...いない」

10代のころロックする人に憧れてコンバース履いてたくらい?

 

・自分の理想のファッションを一言で表すと

シンプルだけど10%くらいエッジがきいた服装」 これですかね!

 

 私はトップスの色をラベンダーにしたいですね(ブルベ民あるある)が、パンツと靴は最高だ!!

 

 それでは紹介していきます!

 

  

1.UNIQLO

 

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

 

ミニマリスト業界では賛否両論?なファストファッションからいってみます。

 

現状、日本国の国民服?? もちろん何枚も持ってるよん。

UNIQLO着てユニクロに入店してるなんてこともけっこうあるあるだったんですが..

(でもこれ経験ある人きっと多いよね!)

あと他の人と被るとかは気にしたことないです。

 

個人的にデザイナーコラボとかにはあまり興味がないかな? 

やはりベーシックで機能性のある製品で揃えることが多かったです。

"涼感"とか"暖か"というワードに惹かれますね。

 

2.GU

 

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

 

マキシマリスト時代、所持率NO.1の服だったかもしれないですね...

トップス、スカート、パンツと全方位でGUが溢れてました。

 

お店に行くと、何か買わなくてはいけない?というプレッシャーや謎の高揚感を感じていたりしたことも。

(時にスカート300円台とかすごくない!?)

 

現在、お気に入りだけを残してすきっりさせました。

「普遍性」が乏しいものに価値を置くのは躊躇する...遊び心で気軽に何か流行り物を買いたいときはここ!

 

 

3.ZARA

 

[http://Embed from Getty Images :embed:cite]

 

自分の中ではそれなりに当たりはずれのあるブランド、でも当たると長年付き合える関係になれることも。

おすすめはパンツとトップス。

なかなか凝ったデザインだったり、ファストでもインポート系なので形は洗練されてる感じです。

 

以前は旅行に行った時に買い込んでたことが多かったです。

服は現地で調達するよ!というスタンス...

特にパンツ類なんかは気に入ったもののストック分!も一緒に買っていたほど。

 

 

あと、ここで好きな人と同じ服が着れた、なんていう嬉しい出来事も・・

 

 このトップス、エミリア・クラークの着用が発覚してから急いで買いに走りました。

もちろん無事に購入できましたが。  古代ヴァリリアの神々に感謝いたします・・

 

ドラゴンの女王陛下、これを着て、私は貴女の前に跪きます!

 

 (いったい何のこと??と思う方は無視していただいていい箇所です)

 

 

こちらのブランドもGU同様、使わないものは手放して大分スリム化しました。

今持っているのは数枚です。それぞれ個性的で全部大切にしたいお気に入り。

 

  

4.LOWRYS FARM

 

やっぱり店内かわいい

 

ここでもけっこう買い物してました!   持っていたのはほとんどトップス。

ニットは何枚も持っていたな~

あと、ここで買ったダッフルコートは何年も留める部分がボロボロになるまで着ました。

 

服を大幅に減らした今は全部で2着くらいしか持っていないです。

あえて新しく何か買うならここでなくてGUとかでいいかなーという心境。

でもかわいいブランドだと思います。

 

 

5.メーカーズシャツ鎌倉

 

www.instagram.com

 

メーカーズシャツ鎌倉は「上質の国産シャツを、5000円で販売する」というコンセプトの下、シャツ(主にワイシャツや婦人物のシャツブラウスを一枚5000円(消費税抜き)の低価格で製造・販売している

出典:メーカーズシャツ鎌倉 - Wikipedia

 

通称「鎌倉シャツ」ですね。

なにかのネットニュースで知って購入したもの。

値段も5~6千円台(だった気がする)くらいで、比較的に手が届きやすいと思います。

日本製でボタンも貝、着た感じもキレイですね。

 

 

6.beautiful people

 

ブランド名からして「え、、私着ていいの??」・・・と言うのは冗談です!

 

 

ここではトレンチコートが名品として名高いですよね。

気になったことはあったんですが、結局購入はせず。

 

なみに私は「レザージャケット」を所持。

少し重みもあるんですが、革も滑らか艶やか、形もきれいでたいへん満足しております。

合わせる服を選ぶかと覚悟していたら、案外なんにでも合って拍子抜けしました。

服が好きな人から褒められることも多いです。

 

 

 

 

 

レザーの黒いジャケットは10代の頃から憧れていて、いつか花王、、ではなく買おうと思っていたもの。

コンバースくらいは履けたけど、これは大人にならないと手に入らなかった...

 

924 Gilman Streetに思いを馳せたあの頃の自分に捧げたい。

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

924 Gilman St.(@924gilmanstreet)がシェアした投稿

 
トートが欲しいと思ったりもします(あっても来年だね!)

www.instagram.com

 

 

7.ロペ・ピクニック

www.instagram.com

 

いつもグレー、ネイビーやモノトーンだけでは味気ない?

このブランドは女性らしい格好がしたい (気軽に) という願望に答えてくれる。

 

パステルカラーのかわいい服がお手ごろな値段で手に入ります。

私はスカートとカーディガンを持っています。

スカートは色がブルーできれいな模様のもの、カーディガンは薄いレモンイエロー、着るともちろん上がる!

 

店内も明るくて好き、何も買わなくても入れば気持ちが軽くなります。

 

 

 

8.GIVENCHY

 

キム、何か見えるけど?  

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by GIVENCHY (@givenchyofficial)

www.instagram.com

 

たった一枚、ハイブランドのワンピースを持っています。

 

これはクローゼットの「最終兵器」かもしれない。

 

構築的な黒衣、

そこまで奇抜なデザインではないんですが、どこか簡単に人に着られない雰囲気があります。

 

スタッズなんかついてなくても、装飾の少ないシンプルな佇まいのなかで「反骨精神」を表現している、

 

いわば

ロックな魂のワンピースです。

 

このように 一般的な「女性らしいワンピース」ではありません。

男性受けするかと言ったら、答えは「多分受けない方・・」(でもいいんだ)

 

 

入手秘話?とか..

海外のアウトレット系ショップで購入しました。

ハイブランドでも値下がっているし、そこからさらに割引かれている、なんてことも。

 

あと国内の普通のブランドのものも結構なお値段してたりしますよね(T〇〇CAとかさ...)

一年に何枚かワンピースを買うなら、それを我慢して1枚特別なものを買う、なんてのもオツかもしれません。

 

 

最後に

いいかげん「ミニマリスト~」と冠した記事書かないとな、、と思ってました。

今手持ちの服で持っているブランド、一時期よりずいぶん数が減ってるので、調べるのも簡単だった。

GUいっぱいあったなーZARAたくさん買ったな~とか、懐かしい?記憶もよみがえりました、極めつけはローリーズのダッフル、、、、

ちなみに最後でジバンシィのドレス着てるの (このブログでは)おなじみキム・カーダシアンです、オープニングには妹も出てるし。

ミニマリスト系ブログでこんなにK家取り上げてるの、世界広しといえこのブログくらいな説。

 

 

 関連ありそな記事

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

tadpoles958.hatenablog.jp




 

 

 

 

【SPF30まで】普段使いのやさしい日焼け止め3選

今回は、2021年最初に購入した日焼け止めたちをご紹介する企画。

肌への負担を少なくするため、普段はやさしめの日焼け止めを採用してます。

 

 🐇お読みいただく前に🐇

 

 紫外線防止剤の種類2つ

 ・紫外線吸収剤

f:id:tadpoles958:20210426201213p:plain

紫外線を吸収し化学反応により熱エネルギー等に変えて防ぐ

 

・紫外線散乱剤

f:id:tadpoles958:20210426201235p:plain

肌表面で盾のようになり、紫外線を反射、散乱させて防ぐ

 

紫外線の種類とか

UVB=エネルギーが強くシミや皮膚がんの原因にも 

UVA=肌の奥 (真皮)まで入り込み、シワ、たるみの原因にも

 

 

 ※文中、SPFを代表として記載しPAは省略します

 

f:id:tadpoles958:20210506201410j:plain

 

それでは3本レビューしていきます! すべてSPFは30以下、最後に頼れる高SPFの製品他の太陽光線についても少しご紹介します

 

1.ビオレ マイルドケアミルク

 f:id:tadpoles958:20210422132218j:plain

 

SPF30 PA++

成分:紫外線吸収剤・散乱剤併用

白浮き:なし

下地効果:あり

容量:120ml

価格:600円台

 

たっぷり入っていて、お値段も600円台コスパ抜群。

昨年に使ったものを今年もリピ買いしました!

 

体用に買ってますが、もちろん顔にも使います。

 

化粧下地にも」と推奨の文句がパッケージに入っていてうれしい、ファンデーションの下にも塗れますね。

化粧下地そのものは持たないようにしているので、日焼け止めが代わりになれれば便利です!

 

・使用感

f:id:tadpoles958:20210427125450j:plain

 

「 軽いミルク」という感じで、するすると塗れます。けっこう重ねても、白浮きと言える白さはなし。

使用感は、重くない、においなし、とほぼほぼ言うことはないと思います。

 

*今年始めか昨年末で生産終了してしまいました!店頭に在庫あるもので終わりみたいです...

見渡せばSPF50あるものばかりだし、あまり需要がないのかな?

 

2.ユースキンS UVミルク 

 

「あれ、しろちゃん? なんでそんな処にいるの??  (;´Д`) 」(親戚の家にいたうさぎ)

 

f:id:tadpoles958:20210420165251j:plain 

SPF25 PA++

成分:紫外線散乱剤

白浮き:なし

化粧下地効果:

容量:40g

価格:700~800円台

 

 もうこれに決めた理由は単純に、、かわいい、かわいい....かわいい!

と、 見事に外見(そとみ)に押し切られたということです。

 

 

紫外線吸収剤は不使用、散乱剤は酸化チタンが入っています。

SPFは30に届かない数値なので、肌に負担をかけたくない時とか、状況なども見て使用していきたいです。

でも数値の低さは自分にとってむしろ魅力的でしたが...!

 

・使用感

f:id:tadpoles958:20210422132246j:plain

 

使用感はクリーム、厚めに塗っても肌の上ではサラサラな触感に近づきます。

(ベタベタするという口コミも見かけたんですが、自分はそこまで感じませんでした...人によるのかな?)

 

紫外線散乱剤使用ですが、白浮きはあまり感じない。

香料も入っていないし、総合的にとても使いやすい日焼け止めだと感じました。

 

きっと兎違いでしたね....しろちゃんはお星さまになっています   ( ́。_。 ) 

 

3.REN Clean Skincare

 

f:id:tadpoles958:20210420165316j:plain

 

SPF30 PA+++ 

成分:紫外線散乱剤(非ナノサイズ)

白浮き:ままあり?(個人的には許容範囲)

化粧下地効果:

容量:50ml

価格:3000~4000円台

私は海外通販サイトで割引を使って送料込みで3000円台前半でした

 

高品質でクリーンな製品を提供するイギリスのスキンケアブランド

REN Clean Skincare」の日焼け止めを購入してみました。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

REN Clean Skincare(@renskincare)がシェアした投稿

 

大きな特徴は、紫外線散乱剤がナノ粒子ではないこと。

 

なかには入っている散乱剤がものすごーく小さくなり、

 ナノ化された製品も発売されてます。というか昨今ナノな製品の方が多いです

🌎 対  ⚽  くらい...)

 

「散乱剤をナノ化すれば白浮きしにくい」等のメリットはあるんですが。

 

けれど、あまりにも小さすぎて体内に吸収されるかも、などの懸念もあります。

 

現状、私はナノ化したものを厳密に避けているわけではありません(最初に紹介した品は絶対入ってるはず、だって○王だし)

 

でも数ある中から、あえて非ナノ散乱剤を使用している製品を選ぶのも、使用者にとっての一つの選択であり、意味のあることだと考えています。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

REN Clean Skincare(@renskincare)がシェアした投稿

 

またRENはなかなか信条のあるブランドのようです。

低刺激の製品にこだわる、クルエルティフリー(動物実験しない)、容器にリサイクルプラスチックを使用し廃棄物問題に取り組む、などなど。

 

 今まで買っていた日焼け止めのなかでは高価なものだけど、

「REN」というブランドの心意気をサポートするためにもお金を払うイメージです!

 

 使用感

・やわらかめのクリーム

・クリームは完全に白ではない、うっすら若干?ベージュが入ってるようにもみえる..

・伸びは良い

・白浮きはままあるけど、個人的には許容範囲。

逆に散乱剤非ナノ使用でこの程度の白さなら、とくに問題にならないのでは。

さすがに高いだけあるな....と、、

 

※RENの日焼け止めは別記事で特集する予定なので、ここではさらっと触れる程度にしておきました!

 

4.SPF50以上のかなり焼けないダークヒーロー?たち

 

(人数合わせの)BBQに参加、アザーンが響く白い壁と砂の灼熱の(でも美しい)土地を訪れる...

普段は穏やか日焼け止め使用でも、激しい紫外線との闘いでは、「彼ら」の力を借りなくてはいけない時もやってくる...

 

良い機会なのでSPF50以上の頼れる日焼け止めを2本紹介します!

 

 メンソレータム サンプレイ

外で長く過ごす・スポーツをするなんて時は、このメンソレータムの日焼け止め(SPF50)を臨時で購入しています。

お値段もお店で300円台くらい、サイズも小さめなので持て余しません。

 

日焼け止めのにおいはけっこうしますが ....

 

・キャンサーカウンシルの日焼け止め

 

 

地理的に皮膚がんの発生が多いオーストラリアで生まれた日焼け止め。

発売元の「キャンサーカウンシル」は癌の予防を目的とした活動や啓蒙を行う団体です。

 

特に紫外線の強い地域を訪れたりする時に活躍します。

その際は、SPFトップクラスでウォータープルーフの製品を選択。

一番強いものだと、塗った時のテカリが強くて、肌への刺激もそれなりにある。

あくまでも「期間限定の必要悪」として使用します。

 

でも、かなり焼けないのは本当のはなし。

 

紫外線強国を訪れた際、これを使って過ごしていました(塗り直しは多)

帰国後、職場復帰した私を見て同僚が一言、

 「ほんとに行ったの? 全然焼けてないけど」←まあ本人は冗談のつもりです!

 

強力な日焼け止め、

ゴールドのアネッサとかも良いみたいですが、こちらもぜひおススメの一品です!

(1本13ドルくらいかな??)

 

強いものだとある程度以上の刺激はあるのでそこは注意..

 

5.新たな脅威? ブルーライト・近赤外線

 

紫外線以外の太陽光にも体にダメージを当たえるものがあると明らかになってきています。

取りざたされてる2つについて少し言及します。

 

ブルーライト

可視光線の一つでエネルギーが強い、真皮まで到達する。

デジタル機器からも (少しだけど)出ています  (これ書いてる瞬間も浴びてます♡)

・近赤外線

太陽光の約50%を占める (紫外線は10%くらい)

波長がかなり長く、真皮また皮下組織にも到達する。

 

これらに対応する製品も出ているみたいなんですが、現状、個人的には特段使用はしていません。

今後、基準ができてくるのかもしれないですが。

 

研究もされているので、状況を注視していきたいです。

 

ブルーライトもカットするそうです

www.instagram.com

 

近赤外線もブロックするそう、ビオレだから普通に買えますね

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

BioreUV(@bioreuv_jp)がシェアした  

 

 

 

最後に

今回、過去最高額の買い物をしました、

「日焼け止めはプチプラ使います(その分一回の量たっぷり)」なんて過去記事で何回か宣言してしまっていて、今回どうしよう...という感じ。

基本プチプラでもいいんですけどね。

嘘ついたわけじゃないけど、方向性の転換とか、過去との矛盾がでてくるのはしようがないものかもしれませんね。

いやでもプチプラも使い続けます。

今年から日焼け止めのストックはやめました、その都度補填します!

 

 

関連ありそな記事とか

tadpoles958.hatenablog.jp

 

tadpoles958.hatenablog.jp

 

 

 

【衝撃】巨大なクモの目撃情報※画像なし安心して【あれ】

今回は去年偶然に目撃してしまった「あれ」について書いていきます。

「あれ」て.... まあ記事のタイトルのとおりなんですけど,,,,,,,

 

「何?そんなの知らない 日本の話??」なんて一瞬でも思った方は、ぜひ一度ご自身の幸運に感謝してみてもいい機会かもしれません.....

 

※お読みいただく前に

・記事中に該当生物の画像・イラスト等は一切出てきません、すべて「蟹」を使用しています。

・文中であえて字体を変えて記載しているところが何か所かあります。字面からくるダメージを最小限に抑えるためです(文字からリアルに想像できたら困る)

↑2つを踏まえて苦手な方も比較的(!)安心してお読みいただけるんではと思います(なによりも書いてる人間自身があれが苦手です!)

 

 

1.「あれ」との遭遇

 

時に「未知との遭遇」は、意図せぬ隙に、向こうの方からやってくるものなのかもしれません。

 

f:id:tadpoles958:20210429161047j:plain

 

その時の状況 

場所:住んでるところの駐車場

季節:初夏

 

暗かったんですけど、エントランスに向けて歩いていたんですね、

そしたら前方地面の右側に「なにか」いるのに気づいたんです。

最初、暗くてよくわからなかった、

 

自分としては、なにかいる・・

なんだか大きめの平べったくて広がった細いもの?のついてるなにか??某海鮮料理の看板みたいな...

 

一瞬、

 

「え、、、、カニ...???」

 

 

f:id:tadpoles958:20210427125639p:plain

 

 

 と思ってしまったんですが、まさかそんなわけない。

 

近付いてみてわかった、

 

巨大な平べったい「あれ」だ....と! (;´Д`)

 

思わず卒倒しそうになりました、こんなやばい生き物が、なんでこんなところにいるの??

 

2.「あれ」の生態など.....少し

 

f:id:tadpoles958:20210429165457j:plain

リアル・タラバガニ(正直似てる!泣)もきつかった.....カニ先?画像が限界です

 

「あれ」は一体!!!

後日、親しい人間にリサーチさせ、結果を簡単に(口頭で)報告してもらいました。

 

とりあえずまとめ

・名前はたぶん「あしだかGUMO」

・かなり大きくなる

・どちらかというと暖かい地域が好き

・Gの天敵らしい  だ、だから何??  どちらか選べと言われたら「カサコソ動く蛍」の方だよ

・高速のスピードを誇る  はぁぁぁ!??

・通称「家GUMO」   「家」って......ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

 

なんか家に普通にいることも多いらしいですね、

しかもあの大きさで家の中で高速で動き回るとか怖すぎる....><

 

でも、わざわざ家とか町にいる必要性があるものなんですかね?

 

ツキノワグマの悲劇、

人間が日本の自然を破壊して久しいので、生息域やエサがなくなってしまい、仕方なく人里に出没してしまう、ということなら責任の一端はもちろん感じてしまうんですが(それもかなり)

 

でも呼び名が「家GUMO」て...ネット情報だと、Gのあるところ(家)に彼らの影あり.....

あと古い木造住宅とか....

 

おそらく、ある程度、人との共存を前提にしている生き物なのでは......

 

3.温暖化とともに

 

近年、日本のみならずですが、世間は本当に暑い。

地球温暖化の影響で、日本は「亜熱帯」の気候に移り変わりつつあるようです。

 

熱帯地域での感染症なんかも、これから普通に日本で流行してくるのでは、との予想もされていたりします。

 

数年前、デング熱騒動なんかもありましたが。

 

またそんな要領で「あれ」の生息域も南から北へ拡大傾向にあるのではないでしょうか? 

 

けれど生き物たちも環境の変化はあれ彼らなりに生きてきている、

「〇〇が出てきて...」なんていうのは、所詮人間の傲慢なのかもしれません。

 

が、

 

私個人のスペースであれとの「共存」は到底不可能だ。

 

正直30秒も同じ空間にいられる自信がありません。

部屋に出て何もできなかったら、別の場所に逃げて過ごします・・

 

避難先にもいたりしたら面白いけどな!

 

古典怪談、のっぺらぼうから逃げたと思ったらまた遇った...

 

 

最後に

書こう書こうと思っていてやっと着手できた記事。

今回ばかり?は、ほかのみなさんの意見とかもききたいですね、

「自分の住んでる〇〇では見たことない」

「そんなに嫌ですか?むしろ好き」

「○○地域で見た!」

とか情報とかなんでもコメントを書いていただきたい。

その際、画像の貼り付けとか(できるの?)ほんとにやめてください。

発見し次第、情報開示して法的措置に移ります。

と思ったらこのブログ、コメント欄がないんだな...

 

 

 関連ないけどランダムおすすめ?記事=

tadpoles958.hatenablog.jp

 

tadpoles958.hatenablog.jp